ダンスの基本ステップ「マンボ」 やり方・練習方法


ダンスの基本ステップ「マンボ」 やり方・練習方法

初心者でもできる簡単なステップを動画でレッスンします。

マンボはエアロビクス・社交ダンス・ストリートダンスなど、ジャンルの垣根を越えて使われている有名なステップです。

シンプルなのでこれといった練習時間も必要なく、すぐに実践できます。動画ではハウスダンスの踊り方で見本演技をしています。

マンボと似たような存在感を持っているのがパドブレという基本ステップ。動きは違いますがバレエやジャズダンス、そしてハウスダンスでも当たり前のように用いられています。

このように踊り方が違う分野にもおいても共通のステップが存在しているテクニックこそ、基本の意味合いも強くなる気がします。

やり方はいたって簡単なため、動画の後半に収録されているレクチャーパートまで視聴しなくても理解できるかも知れませんが、ハウスダンスで踊る場合は腰をグッと横に押し出すようなモーションが入ります。

女性はこういった動きをしっかり覚えることが望ましいです。例えば基本ステップの「ルーズレッグ」も似たような腰の動きが入りますよね。

マンボは家の中でもドタバタせずに練習できるため、初心者は眺めておしまいではなく、体と頭をセットで記憶しておくことをおすすめします。

簡単なのに応用が効く ハウスダンス初心者は練習しておこう

基本ステップの中でも簡単なテクニックとされるマンボステップですが、腰の動きも加えダンサブルに見せるとなるとコツがいります。

エアロビクスなら腰は何もせず、グッと前に踏み出す足をしっかり使えばそれでOKです。ラテンエアロやダンスエアロ系は腰を入れる魅せ方が多い気がします。

ハウスダンス(ストリートダンス)でも足に加え腰を左右に押し出すのがベーシックスタイルになります。

腰を動かすと必然的に女性らしい動きになりますので、男性の場合はいかに格好良さを出しながらマンボステップを演じるか、踊りのセンスが問われます。

そう考えると、やり方は簡単でも中身はそれなりに濃いステップのように感じます。

ダイエット運動でも基本動作になっているくらい、体への負担が最小限で踏み込む動作が入るため足腰を強くする効果もあります。

音楽に合わせて、雨の日用の運動としてマンボ練習をしてみるのも良いですね。

ハウスダンスの基本ステップとして、マンボはさほど実践で活かせるテクニックではないものの、ステップを踏みながら腰をコントロールする基本ステップへの対応力を上げるなど基礎強化に貢献する動きです。

腰を使う際はヒール(かかと)から着地するのがコツなので、すぐできるステップではありますが腰の動きを体の感覚で覚えるためにも5分程度は練習しておきましょう。

ダンサーゆーすけ



アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。