ブレイクダンス振り付け講座 簡単なのにカッコイイ動き満載!

このブログでは独学でブレイクダンスを練習している人や、ダンススクールに通いながらもネットで新しいスキルを学ぼうと頑張っているニーズに向けて、すべてのレッスン動画を無料で公開しています。

初心者は動画を観ながら、基礎トレーニングと基本ステップの習得から取り組んでください。フロアムーブは家の中でおこなえるテクニックも多く、練習場所が確保できていない段階でも始められます。

経験者には実践で使えるかっこいい振り付けやペアで演技するルーティン見本がおすすめです。

日々の練習や基礎知識の構築にお役立てください。

ブレイクダンス振り付け講座 簡単なのにカッコイイ動き満載!

基礎的な技にアレンジを加えながら、難しい動作をなくした簡単なコンビネーションでいかにかっこいい演技に仕上げるかを研究してきました。

「簡単なのにカッコイイ」シリーズは、ヒップホップやロックダンスでも動画を公開してきましたが、その中でも最もそのタイトルにふさわしいのがこの講座だと思っています。

最初の見本を見て、初心者にこれは無理だろ…。と思っていただけたのなら、してやったりです。実は簡単なブレイクダンスの振り付けなんですよ。

初心者で断念するとしたら基礎体力の部分ですが、ゆっくりな曲からスタートすればそこも打破できます。ブレイクダンスは必然的に運動強度は上がりますので、中年層の方がトライする際はいきなり無理をしないよう注意してください。

それではこの振り付けを上手く踊るコツを教えましょう。

基礎練習にもなり、技の精度もあがるレッスン

ブレイクダンスの魅力はやはりフロアー技にあります。どんなにかっこいいエントリーを見せても、床技が入ってこなかったらどこか物足りなさを覚えるものです。

初心者向けのレッスンなので、チェアーやジョーダンといったフリーズ技は入れませんでした。でもフロアーコンビネーションは32カウントの振り付けの中に2つ入っていて内容は濃いめです。

上手く踊るコツ、まず1歩から6歩への繋ぎをスピーディーにこなすことです。そのためには足を地面に擦らないことが絶対条件です。1歩は床を擦るほど失速しますので、空中を斬るようなイメージで練習しましょう。

そしてもう1つはドルフィンの後にズールスピンを入れる際の間をできるだけ埋めることです。ドルフィンはうつ伏せになりながら片足を天井に向かって振り上げる技ですが、技の終わりがもたつくと印象が悪くなります。次の動作にすぐ移れるようなポジショニングを意識しましょう。

ブレイクダンス初心者でもこの振り付けはできます。簡単とはいえ、練習をしなければ覚えられないものなので、基礎強化と体力向上をかねて振り付けを4~5回ループ練習することをオススメします。

レッスンで使用した基本技は、トップロック、ブロンクスステップ、1歩、6歩、ズールスピン、ドルフィンです。どれも初心者が最初に覚える基礎なので、個別にしっかりやっておきたい人がいれば、下記ブレイク講座集からチェックしてください。

この記事を書いた人

ダンサーゆーすけ YU-SUKE 現在のプロフィール

著者:ダンサーゆーすけ
職業:ダンスインストラクター

ユーチューブのダンスレクチャーで言わずと知れた存在感。ダンスの基本から完コピレッスンまで、初心者にも分かりやすい練習用のハウツーを公開。

「ゆーすけのダンス講座」「Psダンススクール」チャンネルで全国向けに良質なレッスン動画を無料配信中。

サイトマップ New!


独学でブレイクを練習している人から人気の動画

ブレイクダンス 基礎 基本 振り付け動画

ブレイクダンス 技 6歩 1
基礎まとめ

1歩 2歩 3歩 4歩 5歩 6歩 やり方・練習方法まとめ
ブレイクダンス チェアー できない
チェアー

ブレイクダンスの必修わざ 頑張って覚えよう
ダンスの技 ドルフィン やり方
ドルフィン

ブレイクダンスやハウスで使われているフロアー技
260
トップロック

ブレイクダンスの基本ステップ 個性を大事に踊ろう
バク転 2
アラビアン

フロアムーブで大活躍するアクロバット・カポエイラの技
一発芸 ワーム やり方
ワーム

一発芸・筋トレになるダンスの技 友達と体育館で練習だ
ブレイクダンス ドロップ やり方
ドロップ

エントリー~フロアムーブに繋ぐ技「ニードロップ」講座
アップロック やり方 練習方法
アップロック

創作性が高くブレイクダンスでは欠かせない煽り系ムーブ
肘倒立 コツ やり方
肘倒立

逆立ちよりもコツを掴むのが難しい肘を使う倒立のやり方
ブレイクダンス サルサロック やり方
サルサロック

スピード/キレでパフォーマンスするブレイクの基本ステップ
258
カエル倒立

初心者におすすめ 家の中でできる基礎トレーニング方法
ブレイクダンス曲 音楽
ブレイクダンス 曲

練習に最適な踊りたくなる音楽を紹介 曲名も書きました

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。

ウインドミルのやり方 できない時のコツ ブレイクダンス講座

ブレイクダンス講座 ウインドミルのやり方とコツ

ウインドミルはブレイクダンスの技で、初心者にとっては簡単にクリアできない難しいテクニックです。練習を重ねていかないとクリアできないため、途中で断念してしまう人もいます。

この動画ではウインドミルのやり方とコツを入門者の視線から紹介してみましたので、時間があれば視聴してみてください。ユーチューブからは表示されない限定公開で出している動画です。

グルグル回るハデな技ですが、意外にもパワームーブの中では基本技になります。だけど1つ覚えれば自信が付きますし、体を傷めないよう注意しながらも練習に精を出しましょう。

ブレイクダンスは1つずつ技を覚えていく達成感が醍醐味でもあるので、無理はせずともモチベーションをキープしウインドミルができるようになったときの輝いた自分を想像しながら取り組みと良いです。

ヒップホップダンス初心者に向けた基本ステップのレッスンを多く出してきているため、こういうワザ系の講座をアップすると、なんだか同じダンスなのに全く世界は異なりますね。ハードルが上がる技ですが、勇気ある者はぜひチャレンジしてください。

初心者はまず基礎から練習

ブレイクダンスはたしなむ程度しかやってきていない僕でも、ウインドミルはできました。30歳になってもウインドミルとトーマスフレアーまではできます。今後の目標は、40歳になってもこの2技だけはできる状態にしておくことなんです。

ガンガン練習していた10代~20代が過ぎると、「維持」「持続」という方向性に気持ちが向いてしまいます。骨折などの大ケガをした場合、ダンスビジネスのすべてがストップしてしまうリスクがありますからね。

大人になるとやや守りに徹してしまわざるを得ないからこそ、今が青春の少年たちにはウインドミルを習得して、さらにその次に進んでいって欲しいです。

ブレイクダンスは初心者でもできますが、いきなりウインドミルのような大技から練習しなくても、家の中で基礎から地道にクリアしていくやり方の方が向いている人もいます。下記はブレイクダンス関連のレッスン集なので、簡単な技もセットでやっておくとレパートリーが増えて練習にも精が出しやすくなりますよ。

ウインドミル用サポーター。

練習し始め、肩が床に当たり過ぎてゴリってなるとき、便利です。

さすがに肘サポは持っていると思いますが、

ウインドミルに限らず、ブレイクダンスでは重宝するアイテムなため、

入門~初級者くらいまでの期間、サポーター類はあった方が良いです。


バク転を独学で練習する前に参考になる動画

バク転 / アクロバット / やり方・練習方法

263
ロンダート

側転ができる人はこの技へ ロンダートの練習方法
倒立 逆立ち やり方 コツ
倒立 / 逆立ち

アクロバットの基礎 初心者は必ずマスターを
262
バク宙

基本的な練習方法/やり方/注意点を分かりやすく紹介
ウインドミル できない ブレイクダンス
ウインドミル

ブレイクダンスのパワームーブ入門にチャレンジ
264
ロンバク

ロンダートとバク転の合わせ技 ロンバクのコツ
倒立 コツ やり方
倒立もどき

女の子でもアクロバットはできる まずは初歩から
258
カエル倒立

女性はカエル立ち、男性はカエル倒立まで挑戦しよう
265
チェアー

アクロバットと一緒に覚えたいブレイクダンスの技
三点倒立 やり方 コツ 練習方法
三点倒立

自宅でも静かに練習できる基本技で自分試し
一発芸 ワーム やり方
ワーム

一発芸・筋トレになるダンスの技 友達と体育館で練習だ
マカコ コツ できない
マカコもどき

マカコができないときはこの練習で切り抜けよう
バク転 6
バク宙 スロー再生

バク転との違いがひと目で分かるので初心者にオススメ

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。

ブレイクダンスの基礎 | 6歩 5歩 4歩 3歩 2歩 1歩 |やり方

ブレイクダンスの基礎 | 6歩 5歩 4歩 3歩 2歩 1歩 |やり方

ブレイクダンスの基礎、6歩~1歩のやり方をすべて、初心者でもできるようレクチャーします。

インストラクターによるブレイクダンス講座なので、若い世代だけでなく幅広く楽しんでいただければ幸いです。

最初は四つん這いをキープするだけでもトレーニングになります。

肩から腕にかけて、筋肉痛も起こりやすいため、初日は少しセーブして様子をみてください。

初心者が急に練習し過ぎて翌日動けなくなる。笑 ブレイクダンスあるあるです。

ゆっくり体に慣らして、1つずつ基礎テクニックの習得を目指しましょう。

6歩ができれば、ブレイクダンスの技も5→1歩まで着実に覚えられるようになります。

まずは初心者の腕試し6歩から練習スタート。見ようみまねでやってみましょう。

ブレイクダンスの5歩は初心者でも練習しやすい基本技

 

初心者でもできるブレイクダンス講座としてなら5歩はシンプルなので時間をかけずにマスターできるはずです。

基礎の代表格として6歩とチェアーが世間では認知されていますが、最も簡単なのは5歩であり、

スタートラインに立ったばかりの入門者でも楽しく練習できます。

6歩との違いは体の向きが90度ずつ変化するところ。

シンプルながら見栄えもする万能な基本技なので必須科目と思ってください。

やり方やコツの部分は動画内で説明があります。

意外にもブレイクダンスの基本はドタバタしないものが多く、床を這うようにスライドさせていきます。

そのため野外の練習場所をリサーチせずとも、自宅のフローリングで靴を履いていない靴下の環境の方が身軽に動けたりします。

5歩もまずは家でこっそり練習できますので、まだ上手くないから上達するまで人目の付かないところで…という方も部屋を片付けて黙々と練習に打ち込むと良いです。

ブレイクダンスの基礎 4歩はフロア技の名脇役

 

ブレイクダンスの床技の中でも目立たない存在の4歩で、

ブレイカーの中には「練習から除外しても良い技」と考えているダンサーもいます。

でもパフォーマンス上の名脇役として重宝しますし、つなぎ技として使うことをおすすめします。

1つのサンプルとして 6歩→4歩→ズールスピンの流れはスムーズで良いですよ。

4歩の役割はムーブとムーブの間の潤滑油のように挟む、という感じです。

連発しておこなう動きではないことを覚えておきましょう。(これは好みなので「俺は連発にこだわる!」という人はその思考のまま進めて大丈夫です。)

レクチャー動画では、練習方法や特徴を伝えるため動きを大きくして2回で1周させました。

4歩を上手くやるコツは、腰さばきにあります。

動画解説の通り、1と2の動作が重要で3と4に関してはシンプルにスピードだけ出せれば良いと思います。

練習方法が2種類 ブレイクダンスの基本 3歩のやり方

 

3歩はやり方が2つあるので、練習しやすい方を選んでください。

ブレイクダンスも基本からは先駆者からのアイデアを学びます。

道は2つあれど、最終的なゴールは同じ。

正確には微妙な動きのタッチは変わりますが、結論的には自分の動きやすい方、練習しやすい方で良いと思います。

やり方が複数あると正しいのはどちらだという視点で物事を考えてしまう人がいますが、

ストリートダンスに絶対的な正解はないため、基本からはアイデアを学ばせてもらうくらいの気構えで良いと思います。

同じテクニックなのに、国によって呼び名が違ったり。そういうことがストリートカルチャーではよくありますし。

このページでやり方を教えている1歩~6歩は基礎中の基礎なので、国やダンサーによる違いはほとんどないです。

日本では6歩、海外だとシックスステップという言い回しになります。

おすすめのルーティンは、6歩→5歩→3歩です。

アドリブでその中にたまに4歩を加えてみたりするとブレイクダンスの楽しさを感じられると思います。

スワイプスにも進化する基本技「2歩」講座

 

ブレイクダンスの基礎「2歩」は、唯一飛び跳ねるムーブなため自宅で練習される場合は騒音に注意してください。

2歩に関してはシューズを履いている状態の方が良い練習ができます。

素足の場合、着地の際に指先を傷めないよう練習開始直後は気を付けましょう。

2歩のやり方は動画の通りですが、この動きは後にスワイプスという中級者向けの技にもなるため、実践でかなり使えるフットワークです。

コツは空中でのコントロールにあります。いかに足をシュッと素早く処理できるか。

こればかりは考えているより体を使って覚えていくようにしましょう。

というのも、ブレイクダンスは基本を覚えていく中で自然に基礎体力も付いていくからです。

いきなり大技にチャレンジする精神も素晴らしいと思いますが、簡単な技から1つずつ乗り越えていく方が結果的に上達スピードが上がることもあります。

スワイプスを小さくしたようなフロアテクニックが2歩なので、ぐるりと基本を一周した頃にはスワイプスもできるようになっているかも知れません。

そんな期待も込めて、2歩の練習は体力を使う分大変かと思いますがしっかりやっておきましょう。

ブレイクダンス 基礎 1歩の練習方法

 

1歩もやり方が2種類ありますが、こちらは両方を練習しておいてください。

いわゆる足抜きです。

足が2本ある以上、練習方法も2つあります。

両足できるようにしておくことでフットワークのバリエーションも増やせますので共にマスターしておくことが理想です。

1歩の講座なので何回も繰り返し回したりしましたが、本来はそう何度も繰り返す技ではなくさり気なく取り入れるのがお洒落です。

1歩から6歩に繋げるのもスムーズでかっこいいですし、1歩からドルフィンというようなつなぎ技として役立ちます。

ブレイクダンスは「右軸」「左軸」があり、右に回る人と左に回る人がいます。

ブレイクダンスの1歩~6歩も動画の解説とは逆回りの方がやりやすい、という事があるかもしれません。

どっち周りでも大丈夫なため、右回り・左回り、自分のやりやすい方を決めてください。

だけど基礎テクは逆パターンもできるようにしておくと、自分とは逆回りの人と練習する際も相手に合わせてあげられたりと便利ですよ。

1歩を上手く見せるコツは、床を擦らずに回りきることです。これに尽きます。

摩擦が起こればスピードを失いますしスタミナも消費しますので、できれば地面スレスレを通過できるようにします。

コツというよりも注意点という感じですが、回す脚は真後ろから前方に戻ってくるときに曲がってしまいやすいです。

膝をしっかりのばして大きく回すことで1歩の持ち味を最大限に発揮することができます。

 

以上、ブレイクダンスの基礎をレクチャーさせていただきました。

他にも基本ステップ・振り付け動画を視聴できますので、知らない技があればやり方を見ておきましょう。

初心者は基礎練習すらハードに感じるかと思いますが、訓練していくことでキレも出てきます。

日々成長していく自分を楽しんでいってください!

この記事を書いた人

ダンサーゆーすけ YU-SUKE 現在のプロフィール

著者:ダンサーゆーすけ
職業:ダンスインストラクター

1600万回再生された痩せすぎ注意ダンスで世間から注目され、日本テレビ「ヒルナンデス」をはじめ雑誌等メディアから活動を紹介される。

「ゆーすけのダイエット動画」「ゆーすけのダンス講座」チャンネルで全国向けに良質なレッスン動画を無料配信中。

サイトマップ New!


独学でブレイクを練習している人から人気の動画

ブレイクダンス 基礎 基本 振り付け動画

ブレイクダンス 技 6歩 1
基礎まとめ

1歩 2歩 3歩 4歩 5歩 6歩 やり方・練習方法まとめ
ブレイクダンス チェアー できない
チェアー

ブレイクダンスの必修わざ 頑張って覚えよう
ダンスの技 ドルフィン やり方
ドルフィン

ブレイクダンスやハウスで使われているフロアー技
260
トップロック

ブレイクダンスの基本ステップ 個性を大事に踊ろう
バク転 2
アラビアン

フロアムーブで大活躍するアクロバット・カポエイラの技
一発芸 ワーム やり方
ワーム

一発芸・筋トレになるダンスの技 友達と体育館で練習だ
ブレイクダンス ドロップ やり方
ドロップ

エントリー~フロアムーブに繋ぐ技「ニードロップ」講座
アップロック やり方 練習方法
アップロック

創作性が高くブレイクダンスでは欠かせない煽り系ムーブ
肘倒立 コツ やり方
肘倒立

逆立ちよりもコツを掴むのが難しい肘を使う倒立のやり方
ブレイクダンス サルサロック やり方
サルサロック

スピード/キレでパフォーマンスするブレイクの基本ステップ
258
カエル倒立

初心者におすすめ 家の中でできる基礎トレーニング方法
ブレイクダンス曲 音楽
ブレイクダンス 曲

練習に最適な踊りたくなる音楽を紹介 曲名も書きました

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。