ダンスパフォーマンスチームメンバー募集 | 柏~東京

ダンスパフォーマンスチームメンバー募集

スポンサーサイト

こんにちは。ゆーすけです。

この度、本格的なダンスチームを結成すべく、メンバー募集をおこなわせていただきます!

1次募集 2020.7/10 締切

希望者が増えすぎて待機者が出てくれば2次募集もかからなくなりますので、

このお知らせを千載一遇のチャンスと受け止めた方は1次募集に名乗りを上げてください。

このページでは、募集概要から活動内容まで詳しくお伝えします。

ページの最後にはお問い合わせ先・申込メール窓口の情報があります。

募集を終了した場合は窓口の情報が消されています。消えていなければ募集段階にあります。

また、以前にインスタグラムからご連絡いただいた方も、今回は正式な申込(メール)をお願いします。

 

募集概要

小学4年生~30代までのダンス経験者 (熟練者歓迎)

この活動に最も向いているのは高校生から20代前半です。

そこからもう少し範囲を広げた小学校高学年~30代までを募集します。

子供の場合、自主性や自立心が求められます。

大人の場合、若い世代に負けない体力・気力が求められます。

この観点からもバランスの取れた高校生~20代前半の世代が最も歓迎されます。

世間相手の活動には世知辛さもあります。

日々努力して自分を鍛錬している者が応募してください。

パフォーマンス力に優れている方・動画活動の必要な知識経験をお持ちの方を集めることでチームとしての総合力を持てることからも、初心者はまず歓迎されません。

つまり、高校生~20代前半の年代でダンス熟練者が最もこの活動に向いています。

が、

やる気があったり、

時間に融通が効いたり、

自分でフリを作れたり、

動画編集などパフォーマンス以外のスキルを持っていたり、

カメラ担当などの雑用も熟してもらえたり、等

メンバーの選定はこういった総合的な観点からおこなわれます。

あまりむずかしく捉えず、メンバーになりたい希望があれば前向きにご検討ください。

 

ジャンル問わずダンスが好きな人

誘い主であり、この活動のチームリーダーになる僕(ゆーすけ)は、

ジャンルにこだわりなく広くダンスを吸収しミクスチャー的なパフォーマンスをすることが多く、

同じようなスタンスで、ダンスを学んできている人の方が相性が良いです。

これしかしたくない、これをやるときだけ参加。

そういうメンバーであれば活動日に呼ばれなくなっていくことが予想されます。

ジャンル問わず、ダンスが好きで踊ってきているメンバーでチームを結成したいと思っています。

 

何にもなれず終わりを迎えたくない人

ダンスパフォーマンスチームを結成し活動していく目的は、ダンスでチャンスを掴むためです。

行動に移さなければ、頭の中で夢を膨らませているだけで実現はできません。

心の片隅に抱き続けていた、ダンスへの思い・向上心。

今回は、こちらも最大限まで対象の幅を広げ、小4~30代までこの活動に飛び込めます。

対象年齢内であれば本格路線のダンスチームで、

世間相手に勝負できる、もう2度とやってこない好機があなたに訪れます。

何にもなれず終わりたくない!といった熱意はこの活動の原動力となる部分なため、

まずは同じ意志を持った者が集まりましょう。

そこでお互いの力を出し合うことで、1人で頑張るよりも数段成果を出しやすくなります。

僕(インストラクター)がこの活動をつくるところにもポテンシャルがあります。

ダンスを仕事にしてきている人間は専門知識を有します。

今までの経験を糧に、このダンスチームのメンバーみんなの能力を結集し成り上がりましょう!

 

我が子にチャンスを与えたい

募集枠が小4~でキッズダンサーにも対応しました。

ここは大きいです。

以前に1度、この件は先行告知を出していますが、その際はキッズダンサー対象外としていました。

その後、このチーム活動を煮詰めていく中で、

これから人生の本番を迎える子供たちも参加できるようにしました。

そのため、保護者さん向けにも一項目用意しました。

キッズ世代の場合、自発性がない子は選定されにくいです。

↑ここ注意です。

メンバーになれても(選定されても)、

その後に自発性のなさが浮き彫りになった場合は1軍メンバーから降格する場合もあります。

自発性がない = 誰かに指示されないと行動できない。

常に大人がみて指示してあげないと立っているだけになってしまう子って、

ダンススクールで習っている子供に多いんですよねぇ。

先生が最初から最後までレッスンしてくれて、振り付けも作ってくれて。

それが当たり前になっている子供たちは、こういうみんなで協力して動かしていく活動に適応できないことも想像できます。

保護者さんにはこの事を事前に認識いただき、自主性・自発性を持たせるよう教育しておいてください。

特にダンススクールのようなサービス形式のレッスン環境に馴染んでいるキッズダンサーの場合は、

あらかじめ本人に自発的行動するよう促しておいた方が良いでしょう。

僕からすれば、何をするにしても保護者さんに報告も入れなければいけないし、手間もかかる観点からキッズ世代を実はあまり歓迎してはいないのですが、

インストラクターとしては、これからの子たちを育成していく立場であることを自覚しており、

ダンスチームを結成し、クオリティの高いパフォーマンスで上を目指すこの取り組みは非常に良い社会経験ができることからも対象に含めることにしました。

上を目指すために結成するチームに一員となり、そこでの経験をダンサーの自立に繋げてください。

 

僕と一緒にダンスチームを組みたい人

少なからずいてくれる、ファン層の存在。笑

自分にとっては、ネット活動で得た財産のような、大切な存在です。

その中でも偶然、近い地域に生息していたという人。

これは一緒にダンス活動をする運命なのかもしれません。

チームとして一緒に行動できると、

撮影後に打ち上げを兼ねてファミレスなどで食事をしたり、

ノーパソ開いて、みんなで画面を見ながらその日撮影した動画をチェックしたり、

チームとして時間を共にしていれば、そういったオフモードでの触れ合いがあります。

この活動は非営利活動ですから、僕も仕事っぽくはやらず業務的なマインドでは参加しません。

ダンス講師が仕事をしてないとき、私的な時間を使ってのダンス活動なため、本腰ながらそこには楽しさも含めていきたいです。

良いパフォーマンス動画を撮る最中の現場は緊張感に包まれると思います。

だからこそ、その後に打ち上げ的な交流はリラックスしながら楽しく過ごしたいものです。

僕と一緒に活動したい人も、少しハードな、結果を出す姿勢で臨む活動にはなりますが、

ダンサー志望者と同水準で頑張れるならメンバーになれると思いますし、

僕自身は、自分を踏み台にして上に行こうとメンバー表明される人よりも、僕と一緒にダンス活動したい人の方がやはり歓迎の姿勢になれるもので、

実力が今一つでも、そういう視点から活動に呼ばれるケースは少なからずあるだろうと思っています。

 

備考・留意点

活動場所は千葉県柏市~東京都内

メインは柏で、サブで都内です。

先に伝えておきます。

「東京なら行きます」は選定時に落ちます。

エリア人口からの推測で、このメッセージは一定数いただくものと予想できますが、

メインは千葉県柏市・松戸市 周辺のダンススタジオです。

電車でアクセス可能な場所にしますので、到達できないことはないでしょうが、

最も頻度が高い柏スタジオでの活動も、東京/上野駅からだと常磐線で30分かかる距離です。

自分の生徒だけでなく、ユーチューブで広範囲の方々に情報を伝えています。

一定距離があり、アクセスに手間がかかってどうしようか検討が必要な方もいることでしょう。

メインは柏、サブで東京都内。

サブで都内というのは、本格的な撮影に取り掛かる際は、撮影に向いているスタジオで撮りたいと思っているためです。

背景ってパフォーマンスの質やイメージを左右するもので、

時間をかけて作ったパフォーマンスには、それに見合った撮影場所がいると考えています。

そんなときに都内に入り、ホールに近いスポットライトのような設備があるところとか、

多くの施設からチョイスできる点からも都会に出ていくタイミングもあると思います。

では、そういう時だけ参加する~ という方をキャッチしていると どうでしょう。

チームワークというのは日ごろから鍛えておくことでもあり、

当日会って、いきなりメンバーと合流しフォーメーションとかチーム一体となる演技とか熟せるかと言われれば無理があるでしょう。

だからエリア的な都合に限らず、こういう時だけ参加みたいな条件が付けば付くほどレギュラーではなくなり、

仮にメンバーに選定されたとしてもその後の参加率から控えに降格していくでしょう。

そのため、東京都内も活動範囲ではあるのですが、メインの柏まで定期的にアクセス可能な方にメンバー入りしていただきたく思っています。

 

1回の活動で500円~2000円位

勘違いされやすいですが、非営利=お金はかからない ではありません。

利益を出さず、活動にかかる経費を人数で割る会費制となりますので、お金はかかります。

このチーム活動では、当然パフォーマンスのための振り付けなどを練習しますので、スタジオ使用料は毎回必ずかかるものと思います。

公共スタジオだと安く済むため1回の活動費は1人500円くらいでしょう。

しかし、公共施設は市街地や郊外にある場合が多く、各駅から離れる場合があります。

民間スタジオだと駅近だったり予約が楽だったりと使い勝手良いですが、1回の活動費は1人2000円くらいでしょう。

真ん中を取ると1000円くらい。あとは集まってくるメンバーさんが手間を取るか利便性を取るか次第です。

民間を利用した一例として、スタジオを4時間借りて費用が3000×4Hで12000円だったとします。

そこに8名で集まったとしたら1人あたり1500円かかります。

利便性を優先させた条件で通常の練習をおこなうのであれば、1500円前後が基準になるでしょう。

撮影本番ではカメラ担当者に謝礼を渡すため、その分も会費にプラスされます。

ともなれば、撮影本番を迎える回は大体2000円の範囲内でしょう。

僕の考えでは、このカメラ担当は控えメンバーにお願いし、

会費ナシで参加できる特権を与える代わりにカメラを担当してもらう形式を取れないかと考えています。

そうすればすべてをチーム内でこなせ、会費も高くはならないかなと。

こういった調整は慣れていますので、リーダーの僕にお任せください(^^)/

もし新しいカメラや照明器具を購入するような場合も、僕が普段使いもできる備品であれば全額僕負担でOKです。

メンバーに負担していただくのは現地までの交通費とスタジオ代の人数割りが基本になってくると思います。

 

選定あり

ここが1番重要な部分です。

選定は必要です。この取り組みで結果を出すためです。

誰でも応募すればメンバー確定にすると、

やる気が中途半端だったり、

パフォーマンス精度がお世辞にも高くなかったり、

非営利(安くダンスが習える)利点で都合よく使われたり、等

とにかくこの活動を指揮していく人間にとっては苦悩な環境となってしまいます。

選定(メンバー選び)は絶対的に必要であることに理解を示していただき、

応募 → 審査 → 合格ならメンバー入りという流れで進行させていただきます。

選定基準は、事細かく記していくと長くなるため、できるだけシンプルに書きますが、

結果・成果を出す上で、必要と感じるメンバーを選抜します。

まず筆頭にあがってくるのがパフォーマンス力です。

次にパフォーマンス以外に何かしらの役を担えるかを聞きます。

これは僕の作業をいくらか軽減できるため、演技力の次に優先されます。

例えば、自分で振り付けを創作することができる人とできない人では、当然できる人と組みたくなりますし、

動画編集できる人とできない人では、できる人の方が活動に重宝します。

最悪、僕が曲を決め編集し、振り付けもつくり、撮影後は編集もし。という感じで重役を担う覚悟はあります。

だけどできることなら、そういう重荷を少しでも取り除いてくれるメンバーと組みたいものでして、

メンバーの選定はパフォーマンスの腕前だけでなく協力的な姿勢も重要視されていきます。

そういう部分は実際に活動を共にしてから分かってくるため、

メンバー入り → 降格(控え落ち)も僕側で指示できる条件のもと活動をしていただきます。

こういった説明から、選定に受からない人がどんな人か見えてきますね。

演技力なく、誰かが作ってくれたフリを教わるのみ、自分は踊るだけ、したくない事は人任せ、自発性なく手伝いもしない。

みたいな感じでしょう。

これなら営利活動に切り替えないとこちらもやってられないですね。

「力を出し合う」という言葉を都合よく解釈しないことです。

これは自分のために誰かが何かしてくれる活動ではありません。

サービスを受けたいのならしっかりお金を納めていただく設定にしなければいけません。

だけど発案者として、このチーム活動は営利目的ではなく、互いの力を終結させて上を目指すための取り組みにしたいです。

選定はそのような視点から一緒に活動するメンバーを選ぶことになります。

応募いただく前に、まず自分が(保護者さんが読まれている場合は我が子が)このチームメンバーの適応者どうかをご判断ください。

口先ばかりで行動が伴ってこなければ、活動中のメンバー外しも遠慮なくおこなわせていただきます。こちらは本当に結果を出したいと思っています。

メンバー外しに関しては、やる気が後退している人を除外するような場面でも起こり得ると思います。

(あと生徒が読んでいる場合もありますので、)サービスを受けるような利用がしたようでしたら営利で運営しているダンススクールをご利用ください。

こっちは非営利活動です。

営利と非営利では互いの関係性は大きく変化します。

話がぶっ飛びますが、例えば服屋で買い物をすれば店員が親切に対応してくれます。

翌日からそこでバイトを始めたとき、昨日は優しかったその店員さんはあなたに厳しくなるでしょう。

このように、人間関係は立場や関係図によって付き合い方が極端に変わったりします。

これは僕のダンススクールを利用している生徒のために念をおして書いています。

外部からの応募者は特に気にする必要はありません。

内部的な、特にダンススクール利用者はお客さんの立場に慣れているため、非営利の中で新しい関係を築く意志が伴っていない場合にせっかく築き上げてきている関係が壊れてしまう懸念があります。

生徒ではなく、ユーチューブ動画から情報を得たみなさんも、僕はこのチーム活動の中で利益は得ていないことを覚えていてください。

それはすなわち、僕が蒸発しやすい条件でもあるためです。

僕にとって都合があまりにも良くなかった場合は、やっぱやらないも普通に起こり得ます。

それがメンバー募集の段階からすでに分かっているため、こちらも協力的なメンバーの選定に力を入れる姿勢でいます。

 

募集人数は10名程度

募集人数は最大10名といった感じで、実際には4名(僕を含め5名)からでもチーム活動はスタートできます。

募集動画をユーチューブに一般公開し広く応募をつのりましたが、

ネット上に存在してくれている視聴者だけでなく、僕の生徒もそういった情報はキャッチしていたりしますし、

僕+生徒数名+一般公募生数名で活動開始となるような気がしています。

メンバー募集をスクールの内外含め広くおこなうことにしたのは、良いメンバーを集めたかったから。

できるだけ成功につながるプラットフォームを構築し、みなさんがそれぞれの夢に近付けるきっかけを与えていけたらと考えています。

この活動は直接的な利益に繋がらなくても、1つのチームが名を馳せてメンバーの中から大きく飛躍していく人が出てくれば、間接的には様々な利益に繋がるもので、それは僕にも応募いただく皆さんにも言える話です。

人が集まり過ぎても管理が大変なため、レギュラーメンバーは最大でも10名まで。控えメンバーは何人いても大丈夫です。

 

カメラ担当には謝礼(バイト代)付き

僕はパフォーマーの柱として演技に立ちますので、カメラ担当も同時に募集します。

カメラ担当には謝礼(バイト代)が付きます。

もしカメラ好きで動画を撮影するのもお手のものだという方がいましたら非常に助かります。

固定撮影なら三脚で済むわけで、動的なポジションで撮影する上でカメラ担当を1~2名募ります。

メンバー内でそういった役割分担ができる場合もあるため、カメラ担当者の募集は一定期に限定される可能性があります。

 

活動内容

パフォーマンスチームは、言い回しを変えると撮影チームとも呼ぶことができます。

ユーチューブへの動画投稿が主な活動内容だからです。

せっかく作ったチーム演技ですし、地域のダンスイベントに出たりも考えていますが、

主になっていくのはネット活動です。

そこでシェアを得て、ファン(引き続き視聴してくれる)層を獲得し、

そこからどう展開させるかは各メンバーの夢の続き次第といった流れです。

目的はこのチーム活動で自分たちの名を世間に売ることです。

まずは自分の存在を知ってもらうこと。ファンを獲得できれば、その後の活動も応援してもらえます。

僕からのサポートとして、出演者のSNSやユーチューブチャンネルなどの情報を概要欄に掲載可能とします。

フォロワーの獲得につなげてください。

メンバー入り後、期間の束縛はなくいつでも脱退できます。連絡はちゃんと入れてください。

活動時間・頻度は進行状態を見ながらとなるため未定です。

〇曜日だけ、〇~〇時だけみたいな要望は普通あるものなので構いません。

不運にもこちらの決めたスケジュールが合わない場合は不参加率の高さから控え落ちしますが、時間が合わないのは仕方がないと考えましょう。

1.基本的には非カバー。僕か僕以外のメンバーが用意した内容を練習し撮影に臨みます。

2.たまに有名グループのカバーダンスを新曲公開直後に可能な限り早く完コピし撮影もします。

狙いどころはBTS TWICE あたりです。J-POPグループも一応視野には入れていますが、今はK-POPの方が伸びはあるかなと。

基本的には1 たまに2

比率は75%:25%くらいかなぁ。

2はスピード勝負となるため、ちょっとしんどいですけど、検索ボリューム的に利があるためやりたいなと。

チーム活動の中で撮影したパフォーマンス動画やチーム間で交流している動画はコンテンツ化させ、以下のチャンネルのいずれか、または複数に公開します。

それらの肖像権は僕に無償譲渡いただきます。(それら映像の所有者は僕になることに合意いただきます。)

https://www.youtube.com/channel/UCZQspW1jDMa-bxLUCnQZeAA

https://www.youtube.com/user/DANCEcoaching

https://www.youtube.com/user/WEBDancelesson

また、あまり力は入れていないのですが、twitterやInstagramなどSNSにも公開する場合があります。

コンテンツによっては収益化できる動画もあるかと思います。

収益が発生した場合は僕の懐に入れさせてください。

収益システムは微々たる額が長期的にだらだら入る仕組みなため、分配する設定が困難です。

この取り組みでかなりの時間投資をするのは僕なため、あらかじめご理解ください。

理解できなければ、分配方式にする構えはあります。

但しその場合、このチームを動かす作業も費用もメンバーに平等・均等に分配させてください。僕だけが重荷を背負うのはフェアではありません。

だから仕組み的にも分配がしにくい収益化できる動画から得る収益や映像の権利は、そのチャンネルを管理運営している僕のものとさせてください。(おそらくコンテンツIDにひっかかる動画が大多数でチャンネル審査時に収益化は落とされると思いますが、運よく通る場合もあるかと思い、一応あらかじめ決め事は決めておきます。)

今回、集まってくるメンバーの演技レベルは結構上がってくるはずです。

一般の方は生半身な姿勢ではメンバー入りしないことをおすすめします。(初日で自信を失ってしまうかもしれないため。)

特に保護者さん。

頑張るのは子ども本人であり、費用も安い。

この条件なら得だという考えにもなりやすく、手も挙げやすいと思います。

しかし、非営利宣言はサービスではやらないからね。という意味合いもあることを知っておいてください。

僕は動画では優しい人物像を演じていますが、素はそれなりに厳しい一面もありますので、

相手が自分よりも目上の保護者さんであっても、この取り組みのリーダーとして、

この活動に真剣だからゆえに、強くものを言わせていただくことはあると思います。

ちょっと動画では素性を隠しているもので、直接的に関りを持たせていただく前に、そのことを伝えておきます。

生徒など、僕と直接関わりのある人たちは厳しい一面を見てきていたり、すでに知っている事実だと思います。

僕はいつもとあまり変わらないですので、そこは極端に受け止めないでください。あくまで動画しか僕をみてきていない方々に向けた事前の情報として。

 

撮影チームメンバー募集 専用窓口

yusuke1617
お問い合わせフォームはこちら

メンバー募集に応募いただく場合、
・氏名
・年齢
・パフォーマンス以外にできる技能(あれば)
をお書きの上、送信ください。

申込をおこなった段階で、あなたは控えメンバーとなります。

つまり対象になっている方が正式に申し込んだ段階で、控えメンバーには確実になれます。

そこから選定されるとレギュラーメンバーになれます。

ですから控え→レギュラーに昇格できるかが焦点です。

申込された方には、申込締切を迎えたあとにミーティング日程をお伝えします。

そこでまず直接的な話し合いなどが行われ、具体的な事決めがおこなわれます。

色々とメールで質問をいただくと思いますが、詳細事項につきましては、そのミーティングで決めていきますので、

「活動日時」とか、現段階では未定な項目もあります。

申込をした時点では控えメンバーというのも、それは良い意味で肩の力を抜いてくださいということです。

ミーティングに参加して「ああ…スケジュール的に無理だ」となればそのままご辞退いただけますし、

ウェブ申込の段階ではこちらも反響などに応じてかじ取りをしていく体制でいます。

備考欄の使い道は何でも構いませんが、プレゼンできることがあれば書いておいた方が選考的に有利になることもあります。

特にカメラ担当が現在不在であることは1つの難点でして、

保護者さんがカメラワークを鍛えて助っ人になってくれるというのであれば、それはもう贔屓レベルで優先されても良いのではないでしょうか。(メンバーはみんなカメラ担当をしたがらないでしょうし。)

正式な申込者を優先させていただきますので、質問やその他お問い合わせへの対応は遅れる場合があります。

またヒット性のないと感じる質問内容には非対応とさせていただきます。

例えば、初心者でも良いですか?とか小2ですが、とか、東京なら行けます、とか、すでに書いてあることが質問されたり、

この件と無関係の質問などは非対応の対象となります。

作業軽減のため返答を見送らせていただくことがあることを予めご了承の上、お問い合わせください。

またお問い合わせフォームから送信した場合、自動配信メールを受信します。

それを受信できないと、正式な返信も受信できない状態であるため、早めに @ppp-sss.comからのメールを受信できるよう設定を変更しておいてください。

またお問い合わせに必要な情報が正確に書かれていないものも非対応とさせていただきます。

例えば、氏だけ名だけとか、きちんと名乗っていただけないケースはネットで公募するときによくあるパターンです。

信頼を築ける相手かどうかはみなさんだけではなくこちらも見ていく部分なため、

ファーストコンタクトの段階から信頼に欠くことはしないようお願いします。

チャンスとは、突然やってくるものです。

しかしキャッチし損ねると、たちまち自分から遠ざかってしまいます。

ダンスチームメンバー募集も、まず募集人数に制限があります。

結果としてこぼれ落ちてしまうチャンスとなってしまうかもしれませんが、

実際にお問い合わせをし、正式に申し込んで抜擢されなかったのであれば未練なく次に向かえるではありませんか。

最も不幸なのは、行動に移せずまま募集が終了し、そこでチャンスを手にしていく人たちを目の当たりにすることでしょう。

特に今まで生きてきた過去を振り返り、あのとき…勇気をもって行動に移せていれば…という後悔がある人ほど、また同じことを繰り返しやすい傾向にあります。

大事なことはチャンスを掴めるかどうか以上に、自分自身に納得できるか、なのです。

僕の場合、自らにさほど能力があるとは思っていないのですが、過去を振り返っても、自分のやりたい事には果敢に取り組んできました。

そこには失敗も付きもので、上手く物事が進まず結果を出せずに終わってしまうような出来事も経験してきています。が、

自分には無理だったかぁ・・・というシーンでも、やるだけのことをやり、そしてこの結果だったという部分に納得ができていて非常に前向きに次のステップを踏むことができます。

みなさんにも、そういう精神・考え方を推奨します。

特に今回のテーマが「成り上がり」ですからね。

七転び八起き、7回転んでも8回起き上がることができれば、7回転んだ経験も次に活かすことができます。

このダンスチームでみなさんが得られていく本質は、そこにあると思っています。

上手くいくかはやってみなければ分からない。

まず試されるのは、そこに集まるメンバーの本気度です。

だから取りまとめる僕以上に、集まってくるメンバーさんによって成果や結果は変わってくるでしょう。

これから動き出す、本格志向なダンスチーム。

注目を集められるよう、力を結集させてがんばりましょう。

ゆーすけ