ダイエット運動の注意点 エクササイズで左右非バランスな体になる危険

ダイエット運動の注意点

スポンサーサイト

 

こんにちは。ダイエットエクササイズをユーチューブに公開しているインストラクター「ゆーすけ」です。

お初の方はユーチューブチャンネルをどうぞ。

動画活動は2020.7月末日を持って終了し、以後は地元のダンススクールで従来の業務に戻るのですが、

ダイエット効果の高い有酸素運動を探している人たちから多くの支持を得たダンスエクササイズ動画でしたので、

リバイバル作品を下記2つのチャンネルに分けてアップしておきます。

ゆーすけのダンス講座

僕が初めて作ったアカウントで、ダンス講座を出してきたチャンネルですが、

ダイエットエクササイズの編集版も結構な本数ありますので、チェックしてみてください。

Psダンススクール

現在はワイズという教室をやっていまして、Psは以前に回していた教室です。

そちらのアカウントにもダイエット動画を4本(かな?)程度アップしています。

エクササイズで左右非バランスな体になる危険

本題ですが、

実は健康にも有効なエクササイズで左右非バランスな体になる危険があるのはご存じでしょうか?

僕はダンスインストラクターでヒップホップなどを教えていますがエアロビクスの資格も持っていまして、

日々、スタジオプログラムに関わってくる分野の勉強を続けている人間です。

健康やダイエットを目的としたダンスも専門分野なため、

この記事では消費カロリーを増やして痩せようとしているみなさんが盲点としている部分に気付いていただこうと思っています。

ダイエット運動には決定的な欠点があるんですよ。

それは気付かずにいると注意レベルではなく危険な領域に到達していくものです。

だけど心配はしないでください。このページに来てくれたからには、大切な専門知識を分かりやすく伝えることができます。

危険というのは、何も知らずにそのままでいるとそうなる話であり、

今日からでも対策していけば何も問題ありません。

結論から申し上げますと「エクササイズには左右非バランスな体になるリスク」があるんです。

ダンスやエクササイズの目的が痩せるためだからこその注意点

お腹周りの脂肪が気になるなぁ、よし痩せるか!と思い立ちネットを検索~的な方にとって、

その動画のダイエット効果や消費カロリーに意識が向きがちなのは分かります。

しかし、その運動が身体や神経に悪影響だったとしたらどうでしょう。

消費カロリーが高く、ダイエット効果に優れ、しかも楽しいエクササイズであれば最高ですよね。

痩せることが目的となっていると、その目的を達成することに思考が集中するのも分かりますが、

もう1つ大切なことに気付いておいてください。それが、世の中は右利き優先に作られているということ。

運動をダイエットに取り入れる場合にこれが意外にも有効な知識となるため、体や神経のバランスへの理解を深めていっていただければ幸いです。

右利きが優先されてエクササイズがプログラミングされている。そこにリスクが存在するのですが、

仕方がない部分もあり各自でまずそのことを知り対応を取っていただくのが望ましいです。

エクササイズで左右非バランスな体になる危険とそうならないようにする工夫について、詳しく解説させていただきます。

世の中は右利き優先に作られている

無意識だとなかなか気づかないものですが、社会は右利き有利に作られています。

電車に乗るときは切符を入れたりICカードをペタリするのは右手側です。

左利きだとハサミも持ちにくい。右手で持つことを前提にデザインされている道具は多いです。

左利きだったのを親に右利きに修正された方もいるでしょう。

このように知らない数々の場面で右側を優先的に使うように仕向けられていたりします。

これがダイエットエクササイズにどんな関係があるかって?

関係ありありじゃないですか。するどい読者さんならもうこの段階で理解というか気付きがあったのではないでしょうか。

ペンを右手に持つ人のほとんどはボールを右腕で投げ、右足で蹴ろうとします。

多くの人は右利きで、左利きの人の方が少ないことからも、世の中は右利き優先に作られているんですね。

ダイエットエクササイズも右利き優先に作られていることがほとんどで、僕のコンテンツも例外ではありません。

僕の場合、この左右バランスよく動かすべきという理解があるインストラクターなため、

できるだけバランスを取るために、エアロビクス系のプログラムではコリオという簡素な振り付けを用意しプログラミング化しています。

コリオ(コリオグラフィー)はそれ以外にも運動をより楽しく飽きさせない工夫や、ダンステイストに仕上げる上で有効なのですが、

最も大きなメリットに筋肉と運動神経のバランスを取れるところがあります。

コリオでは右足をやったら今度は左足からという、基本的に32カウントで右足リード、もう32カウントで同じ運動を左足リード、合計64カウントで運動が1周するように作られています。が、

そこまで左右の運動バランスに気を遣っていても、どうしても右足からの運動時間が比率的に多くなってしまうんですよ。

ですから、まったくそういう部分に気を遣っていない、コリオもなくただ動くだけのダイエットコンテンツは、

痩せる効果があり楽しく運動できたとしても、脳や神経といった目に見えない部分のバランスが偏る心配があります。

読者さんの中で、僕のエクササイズをご愛用の方。

右脚から始まることに脳が慣れていませんか?

左脚から動きが始まり、そのまま進行していくことに体や頭に違和感を感じた場合、

それ、運動神経のバランスが偏っています。

この運動に関わる神経バランスって、目に見えない脳中で情報が蓄積されるため、意識するまで何も気にかけないことが多いですが、

痩せるために運動をして、いつの間にか行動にクセが付いてしまうのはあまり良い傾向とはいえませんよね。

例えば、階段を上がる際に、毎回右足から動かすことが常習的になると、

段差が奇数の場合、常に右の脚の筋肉を1回多く使うことになります。

何かする際の初動が絶対的に右足になっているのは、エアロビクス愛用者に多い傾向です。

いわば、インストラクターもみんな右足依存者です。苦笑(;^_^A

これは仕方がありません。右と左があって真ん中が存在しない以上、

右利きが多く、左足が軸となっている人が多いため右足から歩くことを好むわけですから。

わざわざ左足からスタートして、やりにくい!なんか気持ちわるい!といわれ、集客を失うくらいなら、

みんながニッコリな右足リードを保ちます。

だけど、本当に、たまには左足からもリードさせて体を動かしておいてください。

確かに、最初は違和感がありますが、その違和感こそ「脳にとても良いトレーニング」なのです!

身体にも、脳にも良いのにやらないなんて勿体ない!

左足リードのコンテンツはほぼ存在していないんですよ。だから大事に使ってほしい。

エクササイズも終始、完全なるコリオ固めであれば左右のバランスは整いますが、

コリオでがっちがちに固めたエクササイズには遊びや抜きの部分が存在しないため、指揮する側だけでなく動きに付いていく側にも高い情報処理能力が求めらえます。

完全なる左右バランスを整えたい場合は、ランニング・ウォーキング・踏み台昇降を歩数数えながら日課をこなすような、

同じ動きを淡々と続ける有酸素運動の方が良いでしょうね。

ダンスなどのエクササイズはどうしても左右バランスを完全に保つことは難しいです。

 

と、

見せかけて☆

実は、ダンスなどのエクササイズでも左右の運動量、そしてバランスを完全に保つことができちゃうんです!

僕が出したリバイバル作品は、最初に出した右足リードのプログラムをそのまま左足リードに編集したものなんです。

だから同じ運動がそのまま反転されているため、右版・左版でセットにすればバランスを完全に保つことができるってわけ。

作品によってはスピード版(通常版よりも7-10%ピッチアップ)と、スロー版(通常版よりも7-10%ピッチダウン)させた作品もあります。

ここに書いてきた左右の運動バランスの観点からみても一定の速度調整は気にしないで大丈夫。

あまり神経質になり過ぎてもよくありませんし、左足リード版をたまにおこなっておくだけでも全然違いますから。

今まで、何も考えず、ずっと右足から運動を開始することに慣れていたでしょう。

その状態をずっと続けていくことに注意が必要であって、完ぺきなまでに左右均等化させるのはストレスになる場合もあるでしょう。

右利き、左利きと、もともと運動能力に偏りがあって生まれてきているのが僕たちであって、

あまり極端に偏らないように注意しましょうねと、それを伝えたかった記事です。

エアロビクスをベースにしたノンストップで進行するエクササイズってホント右足リードに依存しがちなコンテンツなため、

まずはその認識を出す側、観る側で意識共有しておくこと。

そして見る側(プレイする側)には、各自で対応・対策してもらおうと思いました。

同じプログラムで右版と左版があるって有効でしょ。

やっぱそれでも動きやすくて慣れた右足リード版を使いたくなるでしょう。

たまーにでも構いませんから左足リードもやっておいてください。たまにでも、ずっと右足リードを続けるよりかはクセは付かないです。

左右の筋肉バランスが乱れると体のゆがみが起こりやすい

何か体を動かすたびに、常に右足からアクションを起こす生活を何十年も続けると、体のゆがみ等、不具合が起こる可能性があります。

つまり、左足リードを試して体の感覚に違和感や動きづらさを感じた人ほど、

今度は左足スタート版に慣れて、右足スタート、左足スタート、どちらでも同じくらい自然に運動ができるところまでバランスを整えることをおすすめします。

おそらく、僕以外の、他の配信者さんが出しているエクササイズや市販のものも右足からのスタートになっているはず。

世の中は右利き優先に作られていますからね。

ダイエットを通じて、日ごろの癖を少し修正できる。

そう考えると、左足リードのエクササイズってすんごい役立つコンテンツなんですよね。

希少価値バンザイでございます。笑

痩せるだけでなく、身体のバランスを整る目的にもご活用ください。

いくらかですが、運動神経・運動能力も向上します。動きに対し器用になりますので、体の反応を高めたり、頭から出した指令を体に伝える信号の俊敏性を高めたりする効果も期待できます。これに関してはごく一定ではありますが。

運動で健康的に痩せるのは正解です。

できれば、やる:やらないという考え方ではなく、ムリのない量を日々の日課として続けるようにしてください。

少なくない方が、ダイエットする際に極端に運動をし目標達成と同時に一切やらなくなり、

また太ってしまったから極端な運動量を自分に課し・・・というサイクルを幾度となく繰り返しています。

ダイエットって、オンオフ的な思考よりも無理せず継続的に心がけるもので、

筋トレやストレッチと同様、体を良い状態に保つというのは、一時的に追い込むよりもムリなく安定的に続けていくことの方が有効なんですよね。

1日3本・30分くらいエクササイズされている方も、2本右足優先の中に1本左足優先のコンテンツを挟んでマイメニューを完成させてください。

世の中が右利き優先に作られているため、2本右リード、1本左リードくらいが比としてはベターだと思います。僕だったらそうします。けど、

みなさんそれぞれに自分のやり方というものがあるでしょうから、

今回は左右の運動バランスという今まで意識もしなかった知識を得た上でそれを今後のメニューに適度に取り入れてみてはどうでしょう。

本日もブログのチェックありがとうございました~!

ゆーすけ (ダンサーYU-SUKE)

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

三代目 J SOUL BROTHERS Yes we are ダンス振り付け
三代目 J SOUL BROTHERS Yes we are ダンス振り付け
TXT CROWN ダンス 振り付け クラウン BTS
TXT CROWN ダンス振り付け解説 Kpop dance tutorial
ダンス アイソレーション やり方 首 コツ
【動画解説】ダンスのアイソレーション やり方 練習方法
seventeen home ダンス 振り付け レクチャー
SEVENTEEN「HOME」ダンス 振り付け 完コピ レクチャー
シャッフルダンスやり方 ダンスラッシュ
シャッフルダンス やり方 | 上手く踊るコツ・完全マスター
ダンスラ ダンスラッシュ やり方
ダンスラッシュ(ダンスラ)初心者が覚えるべきステップ3つ
YES or YES ダンス 振り付け トゥワイス 新曲
どこよりも分かる TWICE「YES or YES」ダンス サビ振り付け動画
創作ダンス 振り付け 簡単 体育 文化祭
今すぐ振り付けが必要な人へ 初心者でもできる簡単な創作ダンス
ストリートダンス 基礎 基本 技と名前一覧
ストリートダンス全ジャンルの基礎 基本 技 70種類を一気見せ
ダイエット エクササイズ動画 簡単
ネットで話題の「痩せ過ぎ注意ダンス」ダイエットエクササイズ動画
バク転 マカコ 逆立ち やり方
見るだけでも楽しめる!アクロバットの基本技・見本演技まとめ
ロックダンス 振り付け かっこいい 踊り方
ロックダンス イベントでも使える!かっこいい振り付けレッスン
ヒップホップダンス振り付け かっこいい
ヒップホップダンス 軽快なリズムとステップが学べる振り付け講座
ハウスダンス 基礎 基本 振り付け
ハウスダンス 基礎・基本ステップで魅せるオシャレな振り付け動画
ストレッチ 柔軟 開脚のコツ
体が硬い人でもベターっと開脚!股関節の柔軟ストレッチ方法
筋トレ 腹筋 初心者 ダイエット
普通の腹筋よりもこのやり方が効果的 自宅で筋トレ講座
ブレイクダンス 振り付け かっこいい
ブレイクダンス 初心者でも練習しやすい基礎 基本を使った簡単な振付
激痩せダンス ダンサーYU-SUKE ダイエット動画
激痩せダンス ダイエット効果がヤバイ話題のエクササイズ動画
バク転 やり方 コツ できない
1分で分かる バク転のやり方・練習方法 | できない時のコツ
ポップダンス基礎 技 やり方
ポップダンス(ポッピン)基礎「ヒット」やり方・コツをレクチャー

このサイトで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ヒップホップ 基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む52講座。やり方 コツが分かる。
ヒップホップダンス 振り付け レッスン動画
ヒップホップ 振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に50本。
ブレイクダンスの基礎 基本 技
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンスの基礎 基本ステップ 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
ハウスダンス 振り付け 踊り方
ハウスダンス 基本ステップ

技の名前や種類、やり方が学べる総合コンテンツ。初心者が最初に練習する基礎・基本ステップが分かる。
ポップダンス ポッピン ヒット 練習方法
ポップダンス 練習方法

初心者も覚えられるヒットのやり方やウェーブのコツなど、これからポッピンを始める人におすすめ。
シャッフルダンス やり方 踊り方
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
初心者 簡単 ダンス
初心者向け簡単ダンス

簡単なレッスン動画が40講座。振り付け練習用、体育授業や文化祭など創作ダンスの見本として。
痩せるエクササイズ 簡単 3キロ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ロンダート バク転のやり方 できない時のコツ
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。