ワイズダンススクール | レッスン案内

定番のヒップホップをはじめ、中学生〜高校生が注目しているK-POPカバーダンスまで広く対応しています。

初心者でも安心の基礎から学べるクラスや経験者のレベルアップに最適なハードなクラスがあります。経験スキルに合わせてお選びください。

柏と牛久のダンス教室

どんなダンスが習えるの?

受講をご検討いただいている方が知りたい「どんなダンススタイルが習えるか」につきまして、このページで詳しくお伝えします。

ワイズダンススクールでレッスンを担当するダンサーYU-SUKE(ゆーすけ先生)は、ユーチューブにもレッスン動画を公開しています。

ダンスにも様々なジャンルが存在しており、定番のヒップホップをはじめ、ハウスダンス、シャッフルダンス、ロックダンス、ブレイクダンス、ポップダンス、ジャズダンスなどがあります。近年ではK-POP J-POPのカバーダンスも人気を集めています。

ワイズはジャンル固定ではなく、1つのクラスでこれらを総合的に扱います。

ダンス入門者の場合、どのダンスがどんな踊りか分からないと思いますので、先生のレッスン動画を貼りながら簡単に説明させていただきます。

ダンスの基礎知識を学ぶ上でも有効なページですので、それぞれの特徴を観ていきましょう。

ヒップホップダンス

HIPHOP DANCE

多くのダンススクールで習える、最もベーシックなダンス。

オールドスクール・ミドルスクール(ニュージャックスイング)・ニュースクールと枝分かれしていく、ダンススクールでも定番となっている人気ジャンルです。

ワイズダンススクールでも、基礎練習のリズムトレーニングや振り付け指導でヒップホップは扱いますので、比較的習える頻度の高いダンススタイルです。

カバーダンス

COVER DANCE

流行の最先端。中学生〜高校生から人気の高い完コピダンス。

ユーチューブにより音楽は耳で聴くだけでなく視覚からも聴くようになり発展したのが、アーティストのダンスをコピーするカバーダンスです。

現在の大人が若かった時代にはなかった文化でもあり、若者を中心のシェアを伸ばしているジャンルです。

ワイズダンススクールでは年/2〜3ヵ月はカバーダンスを教えていまして、主にK-POP、それも男性グループのダンスをカバーすることが多いです。

ハウスダンス

HOUCE DANCE

世界のダンサー人口では1番主流でもあるステップダンス。

ハウスダンスはクラブ音楽で踊るため、世界的にもダンサー人口が多く、初心者でもリズムに乗りやすくスポーツ感覚でも楽しめます。

ワイズダンススクールでは入門クラスのウォーミングアップで取り入れています。振り付けでもこの類のスタイルを指導することがあります。

シャッフルダンス

SHUFFLE DANCE

EDMで高速ステップを踏むフットワーク重視のダンス

先ほどのハウスダンスと踊り方は似ています。シャッフルダンスの中にもいくつかのスタイルがあり、カッティングシェイプス、メルボルンシャッフルとも呼ばれます。

ワイズダンススクールでは曲のスピードをいくらか抑え、女性でも対応できる運動量に最適化して指導する機会がありますが、振り付けに少し取り入れる程度です。

ロックダンス

LOCK DANCE

ステップ・ノリ・ポーズが融合したステージ映えするダンス

以前と比べニーズは減少傾向にあるものの、ダンスをマスターする上でロックダンスから学べることは非常に多く、ステップも奥が深いため熟練者のパフォーマンスは圧巻です。

ワイズダンススクールではロックダンスを専門的に指導する機会はなく、ロッキングの要素で例えば手を回す動作や指を指すキメポーズ、基本ステップを基にした足さばきなどを振り付けに含めたりします。

ブレイクダンス

BREAK DANCE

ダンスの中では数少ない床ワザで魅せるパワフルなダンス

ダンススタイル的にも圧倒的に男性比率が高く、パワームーブと呼ばれる大技は一定の筋力や柔軟性、身軽さなどが求められます。

ワイズダンススクールではブレイクダンスを専門的に指導する機会はなく、振り付けの中にフロアムーブが入る際にブレイクダンスの要素を取り入れています。

ポップダンス(ポッピング)

POP DANCE

人間アートのような芸術的なテクニックに溢れた専門性の高いダンス

ロボットダンスやアニメーションダンスのように、体をカチッと固めた動きやグニャっと見せたり。専門性が高いため一般向けではないですが、多くのパフォーマーが注目する魅力的なテクニックに溢れたジャンルです。

ワイズダンススクールでは経験者クラスでウェーブやヒットの基礎的な動きを練習に含めています。同様に振り付けでもポップダンスのような専門的なルーティンを含めることがあります。入門クラスではほぼノータッチです。

柏ダンススクール「ワイズ」を体験しよう

こんな人におすすめです。

★ 自分にどんなジャンルが合うのかまだよく分からない

未経験者の多くはジャンルの説明をされてもピンとこないはずです。なぜなら、ダンスは習っていく内に自分の好みが分かってくるからです。

1つのクラスで総合的に習える設定は、これからダンスを始める人に最適です。




★ 総合力を身に付けたい

一分野だけでなく、広くテクニックを学ぶことで自分の内に秘めた能力を最大限に高めることが可能になります。

最初はこれが自分にとって得意だと感じていた分野よりも、違った分野で伸びていくということがダンス指導の中では起こります。

最終的に1つの専門分野に落ち着くにしても、まずは全体像を見て視野を広く持つことをおすすめします。




★ 基礎からしっかり学び経験者の仲間入りをしたい

基礎を身に付けないまま実践的なことをやろうとしても、同じフリを演じているのに自分だけ上手に見えないという状況になります。

特に初心者の場合は基礎にこそ時間をかける時期なため、入門者に対応しているクラスから始めてください。




★ 習っておしまいじゃなく自分をアピールしたい

経験者が多く集まるクラスでは、ワイズダンススクール独自の取り組み「ダイレクトオファー」に向けたフォーメーション練習もおこないます。

習った振り付けでダンサー的な活動をしてみたい、自分をアピールしたい積極的な方は、現在のところ柏の木曜20:10クラスが1番おすすめとなっています。




★ カバーダンスも習いたい

ワイズダンススクールは地域で数少ない、カバーダンスも扱っている教室です。

基本的には非カバー(講師がレッスンのために用意した振り付け)の指導なため、BTSやセブチ等、人気グループのカバーダンスをレッスンする頻度は1年通して3ヵ月程度になります。


地域のダンススクールらしさとちょっとした夢を見られる仕組みが、ダンスの習い事をより楽しくさせます。

ワイズは本腰で習いに来る受講生が多いため、遊び感覚のニーズには不向きかもしれません。やるからにしっかり身に着けたい。そんな方に利用をおすすめします。




トップページへ戻る



What's Ys Dance school
ワイズダンススクールは柏市と牛久市にクラスがあり、松戸・流山・我孫子・取手・龍ヶ崎・阿見からもダンス好きが集まるダンス教室です。小学生・中学生・高校生の利用が多く、大人は極少数となっています。定番のヒップホップ・ストリート系を中心に、人気のK-POPダンスにも対応。レッスンのクオリティは高いですが、それだけレベルも高い傾向にあります。初心者は習う意思を持って体験してください。