ダンスの振付を作れない2つの原因 作り方 考え方のコツ

ダンスの振付を作れない2つの原因 作り方 考え方のコツ

ダンサーYU-SUKEです。ブログへのアクセスありがとうございます。

先日の記事 ダンス振り付け 作り方 考え方 が分からない状況を打破する方法 で創作ダンス初心者に悩みを解消するアドバイスをさせていただきました。

今回は「方法」ではなく「原因」スポットを当てて、ダンスの振り付けがつくれない人が抱えている2つの原因を開設します。

先にお伝えしたのは、作り方 考え方のコツを知れば、あなたでも創作ダンスは簡単にできるということです。

ダンスそのものに馴染みがない中で、いきなり曲を決めそれに合った振り付けをつくるのですから、出足をくじかれるのも当然です。

中学校の体育などでいきなり創作ダンスの課題が飛び込んできた人にとって、ダンスがすごくめんどくさいスポーツに見えてしまわないか心配です。

振り付けが思うように できない事で、面白さを感じられずにいるだけで、考え方を学び 作り方を理解することでダンスとの向き合い方は劇的に変わります。

体育でかっこいいダンスを披露できれば、クラスメイトからの評判もぐっと上がるはず。野球 サッカー バスケットボールなど、通常の体育で扱われている球技が苦手な人ほど、ダンス授業は頑張りましょう。体育で良い成績を取るチャンスなわけですから!

そして球技が得意で、逆にダンスがやったことがないスポーツ少年へ。体育の成績が下がることは、ほかの科目よりもショックなことですよね。ダンスは基礎体力がある人ほどかっこいいパフォーマンスが可能になります。

この機会に振り付けの作り方と考え方を身に付け、その日ごろから鍛え上げた肉体を最大限に発揮しましょう!

スポンサーサイト

かっこいい振り付けをつくるコツはいたって簡単なことです

創作ダンスの進め方は下記の通りです。

1.曲を決める
2.その曲を聴きこむ
3.まずは想像で踊ってみる
4.振り付け創作スタート

さっさと用事を片付けようとすると2~3の項目をスルーしたり、少ししか時間をかけない人もいるでしょうが、そういう気の短さは創作ダンスが思うように進まなくなる原因です。

ダンスは音楽との一体感がないとかっこいい演技にはなりません。振り付けの作り方を攻略する前に、考え方の仕組みを知りましょう。(詳しくは冒頭に貼ったリンクから前回の記事を読んでください。)

ダンスの振り付けが思うように できない人の原因は2つ。

原因1
ダンスの知識が乏しく、引出しが少ない

振り付けには「ステップ」「リズム」「ポーズ」などの動きの集合体です。それらの知識がないまま踊ろうとしても限界があります。

僕はダンス講師の仕事をしていますので、常日頃から振り付けをつくっています。そんな日々の中でいつも感じることですが、「振り付けってまるで文章のよう」なんですよ。

言葉も単語と接続詞のコンビネーションが続いていきますよね。まさにこれが創作ダンスのコツに繋がってくるんです。

今までのあなたは、言葉を知らないのに文章を書こうとしていたのです。テレビなどを通してダンス(ダンサー)を目にすることはあったと思いますので、わずかながらの知識は持っていると思います。

しかし、その知識量では足りなかったということ。ダンスの振り付けが思い付かない人のほとんどはこれが原因です。

解決策は簡単!基本ステップをリズムを学習しましょう。幸い、このブログはヒップホップダンスをはじめとした各ダンスジャンル毎に動画でレッスンをしています。ぜひ活用してください。

僕のおすすめはヒップホップの基本ステップです。初心者でも覚えやすく、簡単なのにかっこいいステップが多いんです。女の子でもできるかわいい動きもありますので、創作ダンスに取り入れて体育の課題をクリアしましょう。

原因2
選んだ曲が踊りづらい曲調だった。

踊りやすい曲 踊りにくい曲は存在します。

基本的に、ノリの良い音楽はリズムが取りやすくステップも踏みやすいのに対し、大人しめの音楽はテクニックが求められます。

振り付けが作れない人の多くはビギナーさんでしょうから、ノリの良い曲を選んだ方が突破口を見出しやすくなります。

聴いていて気分が上がる曲や、体が自然にリズムを刻むアップテンポなナンバーをおすすめします。洋楽・邦楽はあなたの好みで大丈夫です。グループで踊る場合、みんなの耳に馴染みやすいJpopが良いかもしれません。

だけど、原因1の引き出しを増やすことに着手すれば、大体は解決にいたるはずです。

振り付けが作れない原因を理解し、その後に作り方や考え方をマスターすればもうあなたにとって創作ダンスは難敵ではなくなっていることでしょう。

ダンスが体育で必修化され、教員さんも生徒と同様に手さぐりな部分もあると思います。ダンス指導のプロが教えることが理想ですが、なかなかそうもいきませんからね。

だけどこうやってネットで調べてもらえれば解決のための情報が出てくる時代です。生徒・先生で知恵を出し合い、ダンスを楽しんでください。

ダンサーYU-SUKE

スポンサーサイト

簡単な振り付けを探している人から人気の動画

初心者でも簡単にできるダンスレッスン一覧

邦楽 ダンス振り付け 簡単
J-POP 振り付け

爽やかなリズムとステップで踊ろう☆
邦楽 ダンス振り付け かっこいい
邦楽でダンス

簡単なステップでノリも良し 練習用
Kpop ダンス振り付けレッスン動画
K-POP 振り付け

簡単 オシャレ かわいいダンスレッスン
ダンス 振り付け フォーメーション
キッズダンス

チームで使えるフォーメーションの振付
中学 体育 創作ダンス
体育ダンスの見本

中学校の体育授業で使える創作ダンス振付
かわいいダンス振り付け 簡単
かわいい振り付け

ダンス初心者でもできる簡単なR&Bダンス
創作ダンス振り付け 簡単
初心者向け振り付け

簡単なのにお洒落に踊れる動画まとめ
ダンス 簡単 練習 振り付け
家でダンス練習

おや?この曲は…。簡単なヒップホップ振り付け
ダンス振り付け j-pop 簡単
簡単J-POPダンス

シンプルな振り付けだから初心者におすすめ
ロックダンス 練習方法 踊り方
ジャズ音楽でダンス

ロックダンスをジャズミュージックでゆったり練習
ダイエット エクササイズ 3
ダンスでダイエット

ぽっこりお腹を引っ込める楽痩せダイエット
簡単 ダンス ステップ やり方
ヒップホップ練習用

基本ステップ2種を簡単なルーティンで覚えます
キッズダンス ヒップホップスクール
キッズダンス

小学生でもできる簡単なヒップホップ振り付け
ヒップホップダンス かわいい 簡単
女の子のヒップホップ

基本ステップを楽しく練習できる振り付け講座
創作ダンス 簡単 振り付け
簡単な創作ダンス

初心者でも練習しやすい振り付けをレッスンします

アクセスが多いブログ記事


スポンサーリンク


激安 ダンス衣装 ヒップホップ キッズ Tシャツ パンツ

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このサイトで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ヒップホップ 基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む52講座。やり方 コツが分かる。
ヒップホップダンス 振り付け レッスン動画
ヒップホップ 振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に50本。
ブレイクダンスの基礎 基本 技
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンスの基礎 基本ステップ 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
ハウスダンス 振り付け 踊り方
ハウスダンス 基本ステップ

技の名前や種類、やり方が学べる総合コンテンツ。初心者が最初に練習する基礎・基本ステップが分かる。
ポップダンス ポッピン ヒット 練習方法
ポップダンス 練習方法

初心者も覚えられるヒットのやり方やウェーブのコツなど、これからポッピンを始める人におすすめ。
シャッフルダンス やり方 踊り方
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
初心者 簡単 ダンス
初心者向け簡単ダンス

簡単なレッスン動画が40講座。振り付け練習用、体育授業や文化祭など創作ダンスの見本として。
痩せるエクササイズ 簡単 3キロ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ロンダート バク転のやり方 できない時のコツ
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。