ダンス振り付け依頼の相場 | アーティストから個人までの見積例

スポンサーサイト

ダンス振り付け依頼の相場 | アーティストから個人までの見積例

アイドルユニットやダンスチームなど、芸能活動をしていてダンスの振り付けが必要なとき。

小学校の運動会や中学校の創作ダンスなど、公共の場で使用する振り付けが欲しいとき。

芸能プロダクション様から一般ユーザー様まで、幅広く振付依頼をお受けします。

本日でも見積はお受けしますが、このようなサービスを利用するのが初めての方はとても多く、

トラブルや問題を未然に防ぐためにも、まずは振付提供における基礎知識を備えていただきたく思います。

このページは5分程度で読み終えることができます。

1.基礎知識 ダンスの振り付け依頼 相場はいくら?
2.注意点 振付依頼で比較的多いトラブルを避ける方法
3.豆知識Ⅰ 振り付けの見積を安くする方法
4.豆知識Ⅱ 振付師にダンスのイメージを的確に伝えよう
5.豆知識Ⅲ 依頼する前にダンスの曲を決めておこう


振り付け依頼の相場はいくら?

振付師が自由に費用を設定できるため、振付依頼の相場はピンキリです。

一例として、1曲(3分)の振り付けでサビ部分は同じフリで統一し、

かつフォーメーションなど配置換えは含めず、

比較的 簡単なダンスでシンプルな振り付けを無名の振付師に提供してもらう条件で相場は20~30万円位です。

レッスンが必要な場合は、振付制作料とは別途で指導料もかかるのが一般的です。

振付提供にはこれといったルールがなく、振付師が自由に料金やシステムを決められるため相場はあってないような世界です。

振付師を仲介してもらう場合はさらに仲介手数料が上乗せされるでしょうから、上記の相場よりも何割か足した額が総額となる場合もあるでしょう。

信頼のおける振付師や振付提供会社を見つける上では、2~3社(人)に同じ内容で見積を取ってもらい比較するなどの作業はしておいて良いと思います。

例えば、同じ条件にも関わらず、A社は50万、B社は30万、Cは個人の振付師で20万でお釣りがきたりします。

但し、そこにはメリットとデメリットが存在し個人の場合はそれだけ社会性信頼も低いわけですから、

依頼を出す側も相手がどんな人でどんなダンスを得意としていて、

動画やDVDなどで振り付けを実際に提供してくれる納期はいつか、

教え方は分かりやすいか、

ちゃんと責任を持って仕事してくれるか等、

チェックは念入りにおこなうことをオススメします。


振付依頼のトラブルが他と比較して多い点にも注意

振り付けのような創作物は人の好みが分かれます。

ピカソのような絵が好きな人もいれば、マルクシャガールのような絵を飾りたい人もいるでしょう。

そういう絵を100万出してでも買いたい人もいれば、1万でもいらない人だっています。

振付依頼も、1つの振り付けに対しそれを良い!と思う人もいれば、うーん…な人もいます。

実際に振付提供を利用する際は、振付師に自分がどんな振り付けを望んでいるかをできる限り明確に伝えるべきなのですが、

言葉で説明する以上に、このイメージの共有が非常に難しいのです。

振付依頼のトラブルで最も多い事例が、

「こっちがお願いしたのはこんな振り付けじゃない!」

という内容。

こういった問題点を取り除くためには、実際に振り付けの担当者と「直接」メールや電話などで打ち合わせをすることが大切です。

受付係りや電話オペレーターといくら相談しても意味はないでしょう。

実際に振り付けを作るのは振付師ですから、振付師と直接相談できる場合はトラブルを未然に防ぐことができます。

入金前にいろいろ質問することもできますので安心です。

慣れない内は依頼確定までの作業が面倒に感じるかもしれませんが、何度もお願いする関係になればそういった打ち合わせも短く済みます。

振付依頼で失敗・後悔しないためには、信頼できるパートナーと出会うこと。

費用だけ比較して安いところに投げてしまうと、結果的にお金をドブに捨てる確率も上がります。

でも、費用は極力抑えたいものですよね。

信頼できる振付師と出会えるかは運もありますが、自分で運を手繰り寄せる方法があります。

見積を依頼する際にちょっとした一言を加えるだけで、費用を大幅に抑えることが可能です。

見積を安くするための裏ワザとまではいきませんが、ここまで読み進めていただいた方には特別に!見積のコツ・豆知識を教えましょう。


振り付けの見積を安くする方法・コツ

多くの場合、作業量と費用は比例します。

1分の振り付けと3分の振り付けなら、単純計算で3倍の費用。

それともう1つ、制作する振り付けの難易度も関係します。

簡単なフリなら激安。

難しいハイレベルなダンスなら「高ぁ!」と驚く金額になります。

これはあなたが実際に振付依頼を受諾する身になって考えれば分かりますね。

作業に時間がかかったり、より高いスキルや能力が求められる振り付けほど高額です。

つまり、あなたが求める振り付けの「密度」によって見積金額は決まってきます。

相場がピンキリというのも、依頼者の要望次第だからです。

振り付け依頼の相場でパッと浮かぶのが30万ですが、それが依頼者側の妥協ラインで予算的な平均値なのだと思います。

なので他よりも優れた創作がしてほしいならそれ以上必要で、簡素化されたテンプレートっぽくても構わないなら激安で5万くらいから振り付け依頼は可能です。

だけど極めてシンプルな振り付けなら、プロに任せなくても自分たちでも作れる気がします。

素人では作れない質感を出すとなると、相場の30万円くらいが目安になってくるでしょう。

芸能事務所であれば、アーティストを売り込むために洗練されたダンスなら費用は惜しまないというご依頼が多いため、100万前後のやり取りをします。

振付師もそれだけスキルフルな振り付けを用意するため、高額だから得ということもなく妥当な金額を提示しています。

個人の方は、できるだけ安く低予算で提供して欲しいという思考が強い傾向が見られます。

見積を安くする秘策は「簡単な振り付けで大丈夫です」と伝えることでしょう。

簡単なフリ=手間は少ない。これなら相場よりも少ない予算で振付依頼が出せます。

ビジネスで使用する用途であれば、30万円くらいは予算を用意してください。

逆に、趣味的な活動で使用するのであれば、30万円もかけなくて良いと思います。

振付師の手間にならない条件で折り合いを付け、15~20万くらいを目標に交渉してみましょう。

もっと下げても良いかも知れません。

曲には1番、2番、3番くらいまであり、メロディラインは使い回しされる構造がとても多いです。

振り付けも曲の構造に沿って使い回せば、3~4分の曲でも1分半程度の振り付けで済ませることもできます。

簡単なダンスで振り付け量も90秒くらいなら、10万円くらいの予算でも引き受けてくれるところはあると思います。

見積の際に、このような条件を伝えておくと良いでしょう。数万円でも安くなれば嬉しいですよね。

安く済ませたいときは、振付師の手間にならない条件で依頼するのが秘訣です。覚えておきましょう。


振付師にダンスのイメージを的確に伝えること

欲しい振り付けの完成イメージを伝えるとき、言葉だけでは限界があります。

そのダンスをどのようなシーンで使うか、

振り付けする音楽(曲)、

完成に近いイメージ映像を、お互いが事前に共有できるのが理想です。

僕もダンスインストラクター 兼 振付師なので、断言できることがあります。

言葉で「明るめな曲でオシャレな振り付けが良いです」みたいな伝え方をされても、アバウト過ぎて絞り込めません。

明るめでも、J-POP EDM HIPHOP ユーロビートなど、色々な曲があります。

それにどんなダンスをオシャレと感じるかも個人差があります。

振付依頼においては、いかに振付師と完成イメージを共有できるかにかかっています。

費用を安く済ますことはもちろん大事なことですが、

それよりも理想により近い創作をしてもらえるよう知恵を絞っていきましょう。

その中でも有効なのが「曲を事前に用意しておく」ことです。


知っ得 | 依頼する前にダンスの曲を決めておく

おすすめの手順は、先に曲を決めておき、振付師にこの音楽で振り付けをお願いできるか確認することです。

これが明確だし、1番だと思います。

振付師にも得意・不得意があります。

僕もステージ映えするダンスや人を笑顔にするような楽しげな振り付けは得意ですが、

相手を威嚇するような悪っぽいダンスは普段あまり踊ってきていないこともあり苦手な分野です。

事前に曲を伝えると、こういうダンスには対応できませんと返ってくるケースもあります。

ダンスのイメージは言葉よりも「曲」と「映像」で共有することが重要です。

ユーチューブ動画のURLなどを依頼時のメールに貼っておくのも良い方法です。

手順としては、何も決まっていない状態でいきなりお問合せや見積フォームに打ち込まず、

1.振付依頼する音源を用意
2.完成イメージを共有できる映像を用意
3.見積依頼

という下準備をしてからの流れが良いと思います。

それ以外にも色々質問されることがありますので、依頼者なりの理想を決めておくと進行もスムーズです。

見積依頼を出す際は、作成した文章をコピーペーストして何社かに送信すれば手間も省けます。

そして返ってきた返信内容・見積内容・納期(完成時期)などを比較し、1番納得できるところにお願いすれば良いと思います。

一応、断る会社にも一言その旨を伝えておくようにしてくださいね。

完成した振り付けに納得できなかった場合、作り直しに応じてもらえるか等も入金前に聞いておくと良いです。(ほぼ不可でしょうが、入金前ならもしかしたら交渉できるかも。。という期待を込めて。)

依頼前も後も、大事なやり取りは履歴が残せるメールが良いと思います。

以上、参考にしてください。

スポンサーサイト

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

ストリートダンス 基礎 基本 技と名前一覧
ストリートダンス全ジャンルの基礎 基本 技 70種類を一気見せ
ダイエット エクササイズ動画 簡単
ネットで話題の「痩せ過ぎ注意ダンス」ダイエットエクササイズ動画
ヒップホップ ダンス 服装 格好
ヒップホップを踊るときの格好は?ダンスファッション基礎知識
ダンス経験者 振り付け かっこいい
ダンス経験者向け | かっこいい振り付けレッスン おすすめ動画一覧
1週間 1ヵ月で3キロ 10キロ痩せるダイエット
1ヶ月で3kg痩せるダイエット運動 | 簡単なエクササイズ動画
かわいい ダンス 簡単な振り付け動画
かわいいダンス振り付けが初心者でもできる 洋楽R&Bの簡単レッスン
バク転 マカコ 逆立ち やり方
見るだけでも楽しめる!アクロバットの基本技・見本演技まとめ
創作ダンス振り付け見本 簡単
ダンス初心者向け | 簡単・オシャレに踊れる家練用レッスン動画一覧
ロックダンス 振り付け かっこいい 踊り方
ロックダンス イベントでも使える!かっこいい振り付けレッスン
ヒップホップダンス振り付け かっこいい
ヒップホップダンス 軽快なリズムとステップが学べる振り付け講座
ハウスダンス 基礎 基本 振り付け
ハウスダンス 基礎・基本ステップで魅せるオシャレな振り付け動画
ポップダンス 踊り方 やり方
ポップダンス フリースタイル(即興)で踊れるようになるための練習方法
ブレイクダンス 振り付け かっこいい
ブレイクダンス 初心者でも練習しやすい基礎 基本を使った簡単な振付
メルボルンシャッフル ダンス melbourne shuffle dance
シャッフルダンス EDMの曲で激しくステップを踏む かっこいい踊り方
ダンス 振り付け j-pop 簡単
J-POPダンス 初心者でも取っつきやすい音楽で楽しく踊れちゃう!
K-POP ダンス 振り付け 簡単
K-POPダンス 簡単なのにカワイイ振り付け動画 初心者の練習用
キッズダンス ヒップホップ 体験
キッズダンス ダンススクール行く前に まずは自宅で体験レッスン☆
かっこいいダンス ヒップホップ振り付け
創作ダンス かっこいい振り付け例 ステップ・フロア技をミックス
ストレッチ 柔軟 開脚のコツ
体が硬い人でもベターっと開脚!股関節の柔軟ストレッチ方法
筋トレ 腹筋 初心者 ダイエット
普通の腹筋よりもこのやり方が効果的 自宅で筋トレ講座
ストリートダンス 種類 ジャンル 違い
踊り方の違いが分かる! ストリートダンスの種類とジャンル
ダンス 仕事 ダンサー 職業 稼ぐ 年収
ダンスを仕事にするための基礎知識 知っておくべきお金の話
Kポップ かわいい ダンス ダイエット
Kポップ ダイエット | かわいいダンスで痩せるエクササイズ
激痩せダンス ダンサーYU-SUKE ダイエット動画
激痩せダンス ダイエット効果がヤバイ話題のエクササイズ動画

ダンス練習着 ヒップホップ衣装が激安!

ヒップホップ tシャツ ダンス 衣装 通販 メンズ ダンス練習着 メンズ Tシャツ 激安 通販 服 激安ダンスTシャツ メンズ ダンサー服 通販

Tシャツからスウェットパンツまで、ダンス練習着は「リアルダンサーズ」でGET!! 今ならセール開催中でいつもより安い!!

スポンサーリンク

このサイトで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップダンス基本ステップ一覧 名前
ヒップホップ 基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む52講座。やり方 コツが分かる。
ヒップホップ振り付け動画 簡単 かっこいい
ヒップホップ 振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に50本。
ブレイクダンス 基礎 練習 やり方
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス 基本 やり方 ステップ
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
ハウスダンス動画 基本ステップ やり方
ハウスダンス 基本ステップ

技の名前や種類、やり方が学べる総合コンテンツ。初心者が最初に練習する基礎・基本ステップが分かる。
ポッピン ポップダンス 基礎 コツ
ポップダンス 練習方法

初心者も覚えられるヒットのやり方やウェーブのコツなど、これからポッピンを始める人におすすめ。
シャッフルダンス練習 ステップ やり方
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
簡単 ダンス 振り付け動画 おすすめ
初心者向け簡単ダンス

簡単なレッスン動画が40講座。振り付け練習用、体育授業や文化祭など創作ダンスの見本として。
痩せるダイエットエクササイズ動画 簡単
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
バク転 やり方 アクロバットの基本技
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。
ダンス 曲 練習
ダンス 曲 練習に使える音楽

ヒップホップ クランプ ブレイクダンス ハウス ポッピン ロックダンス シャッフルダンスに対応。
筋トレ 腹筋 やり方 方法
筋トレの効果的なやり方

筋力アップトレーニング・シェイプアップ・ボディメイクに対応。やり方からコツまで動画でレクチャー。