ロックダンスの基本「ノック ペイシング」やり方・練習方法

ロックダンスの基本「ノック ペイシング」やり方・練習方法

基本だから簡単かと思いきや、手を出す軌道に慣れるためにある程度の練習時間が必要になる動き。それがロックダンスの基礎「ノック」です。

ノックはお金を支払うときの動きと似ていることからペイシングとも呼ばれます。

ノックとペイシングは名前が違っても同じテクニックを指します。

ロックダンス初心者でも練習しやすいよう、動画で詳しくやり方を紹介していきます。

家の中でもできますし、それこそイスに座っていたりくつろいでいる体勢でも練習できます。

振り付けでほぼ100%入ってきますし、ロックダンススクールに通う際もノックを使わない先生はまずいないと思います。

そのくらいLOCK DANCEを踊る上でパフォーマンスの土台になる動きなので、初心者はこの機会に習得しておくことをオススメします。

簡単だけど奥深い ロックダンスの基礎練習

かっこいいけど初心者泣かせなジャンルでもあるのがロックダンスです。

簡単な技もありますが、熟練されていないと上手に見せることができず素人っぽさがにじみ出てしまいます。

「できる」から「上手にできる」まで練習を丹念に続けていくことが大切です。

初心者にとってプラスなのは、基礎練習の多くは手の動きである点です。

部屋で練習しても下の階に響かないというか、練習していることさえ気づかれません。

まずはアイソレーション・アップのリズム・ノック(ペイシング)・トゥエル・ポイント・ロックのポーズを覚えましょう。

これらはすべて上半身をメインにしたテクニックでステップを踏んだりしませんから、騒音を出せないアパートやマンションでも大丈夫です。

ロックダンスの基礎は練習場所を選ばないところがメリットなので、やる気さえあればいくらでも腕を磨くことができます。

基本ステップでもストップアンドゴーやクロスハンドなど、動きが大きい割にドタバタの少ないものがあります。

動画でダンスを習っているニーズの中には、スタジオや野外練習場を確保できない環境の人や子どもたちもいるはずです。大切なことは「今できることを頑張る」こと。

昔は動画で学ぶことさえできない環境だったので、それを考えれば恵まれています。まずは動画でノックのやり方を徹底マスターして、次の講座に進みましょう。


独学で練習しているニーズから人気の動画

ロックダンス基礎 基本ステップ 振り付け動画一覧

ロックダンス基礎 リズムの取り方
基礎まとめ

基本のリズム・ロックステディ・キックウォーク
ロックダンス基礎 ノック ペイシング
ノック / ペイシング

初心者がまず覚える基礎テクニック おすすめ動画
ダンス ターン やり方 練習方法
キックターン

ロッキングのパフォーマンスで活かせる回転技
リオウォーク ロックステディ やり方
リオウォーク

国内では「ロックステディ」という名前でも有名
ウィッチウェイ やり方 ロックダンス
ウィッチウェイ

上手くできない苦手な人にコツをレッスンします
ロックダンス スクービードゥー やり方
スクービードゥ

ロックダンスの複合技 やり方・練習方法を紹介
dance17
スクーバー

簡単なのにかっこいいダイナミックで力強い足技
ダンス基本 スキーターラビット
スキーターラビット

初心者でも練習しやすい簡単かつ楽しいステップ
ダンス基本 クロスハンド
クロスハンド

ロックダンサーなら皆知ってるカッコイイ基礎技
ダンス シフト やり方 コツ
シフト

ロックダンスでよく見るフロア技にチャレンジだ!
ロックダンス曲
ロックダンス 曲

練習のモチベーションがグンと上がる音楽をご紹介

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。

ロックダンス基礎 | 初心者がまず練習すべきテクニック一覧

ロックダンス基礎 | 初心者がまず練習すべきテクニック一覧

このブログでは、ロックダンスを踊ってみたい、でもダンスなんて踊ったこともない…というビギナーさんに向けて、

まず最初に覚える必要がある基本動作のハウツー動画をご紹介します。

どれも自宅で練習できるテクニックばかりなので、早速レクチャーを観ながら体を動かしてみましょう!

家で練習 アイソレーションとリズムの取り方

初心者も自宅で練習できますので、ダンススクールに通う前の下準備にもなりおすすめのレッスン動画です。

アイソレーションを使ったリズムの取り方を詳しく解説しています。ロックダンスの基礎練習に活用できるほか、リズムトレーニングにもなります。

スキーターラビットやキックウォークなどの基本ステップは、家の中だとどったんばったん騒音がしてしまうため、動きを抑え気味でないと練習できません。ですが初心者にとってまず最初の練習場所になるのが自宅だと思います。

ロックダンスのリズムは「アップ」がベースになるため、ダウンよりも少し奥が深いです。簡単かと思いきや、アイソレーションを意識すると安定したリズムが取れなかったりします。基礎は先々でもダンスの土台になるので、地味な練習にはなるでしょうが自分のためにやっておきましょう。

ロックステディからは横(腰)のリズムを学べる

ロックダンスは簡単な動きから複雑なステップまで様々なテクニックがありますが、簡単な技でも他のジャンルと比べ難しいです。

ですが初心者にとってありがたいのが、ドタバタしないで踊れる基礎テクニックも結構な数ありまして、

ロックダンス入門者にありがちな、まだ人前で踊ったり見られたりするのは嫌だなぁというシーズンも、コツコツ部屋でこっそり習う事が可能です。

ロックステディもドタバタなしで動ける基本の1つ。

腰や体全体をサイド揺らすリズムカルな演技内容で、ロックダンスの演技で欠かせないテクニックになっています。

別の名称はリオウォークで、やり方は同じです。

同じステップと言ってしまっても良いのですが、ロックダンスに強いこだわりを持つダンサーさんは、

ロックステディは動きにメリハリを付け、リオウォークは抜きを作るものと分けて考える意見もあります。

基本といっても、ストリートカルチャーの中で発展してきたダンススタイルであることから、

それぞれの個性やオリジナリティを尊重していく精神からも、同じステップに対しての解釈に微妙な違いはあります。

あまり深く煮詰める必要はなく、大体そんな感じなんだと。それよりも汗が出るまでいっぱい練習をしてスキルを磨くことに専念してください。

とりあえずできる状態にすることは達成できても、1つひとつの動作をかっこよく演じれるようになるまでは長い道のりです。

何気に音楽も大切な要素で、練習に精が出るような好きな曲を見つけることで地道な練習も楽しくなります。

ロックダンスの曲を紹介しているページもありますので、参考にしてください。

ロックダンス初心者がまずすべきことは基本ステップよりもリズムの取り方が先です。

そういう意味ではロックステディもリズムを身に付ける上でおすすめの講座です。

リズムがしっかり取れていれば、ステップ練習も気持ちが上がります。

鏡に映った自分がかっこいい動きをしていたらモチベーションも上がるものなので、アップのリズム、サイドのノリは無意識のうちに取れている状態にしておくことが望ましいです。

アイソレーションはロックダンスに限らず、多くのパフォーマンスの基礎となるトレーニング法です。

体のコントロール能力が向上しますので、同じ振付を練習していてもほかの人よりも上手に踊ることが可能になります。

キックウォークはロックダンスで1番簡単なステップ

 

手の動きばかりではロックダンスの醍醐味も分かりにくいだろうと、

最後は「キックウォーク」という基本ステップをやってみましょう。

僕が知る限り、ロックダンスでは1番簡単なステップで、初心者でも取っつきやすいはずです。

次にスキーターラビットという流れだと練習もスムーズにいきます。同じようにキックから始まるステップだからです。

足技は家の中だと思いっ切り動けない環境の方もいるでしょうから、今練習環境にいない場合はやり方を観ておき後で体を使って覚えてください。

踊りの隠し味として、さり気なく取り入れるのが、この記事のメイン的に解説しましたアイソレーションとリズムです。

ロックダンスは基本的にアップのリズムなので、ダウンの練習はしなくても問題ありませんが、

ロックのポーズなど重心を下に落とす基本動作もあるため、時間と体力に余裕があれば総合的にやっておいてください。


独学で練習しているニーズから人気の動画

ロックダンス基礎 基本ステップ 振り付け動画一覧

ロックダンス基礎 リズムの取り方
基礎まとめ

基本のリズム・ロックステディ・キックウォーク
ロックダンス基礎 ノック ペイシング
ノック / ペイシング

初心者がまず覚える基礎テクニック おすすめ動画
ダンス ターン やり方 練習方法
キックターン

ロッキングのパフォーマンスで活かせる回転技
リオウォーク ロックステディ やり方
リオウォーク

国内では「ロックステディ」という名前でも有名
ウィッチウェイ やり方 ロックダンス
ウィッチウェイ

上手くできない苦手な人にコツをレッスンします
ロックダンス スクービードゥー やり方
スクービードゥ

ロックダンスの複合技 やり方・練習方法を紹介
dance17
スクーバー

簡単なのにかっこいいダイナミックで力強い足技
ダンス基本 スキーターラビット
スキーターラビット

初心者でも練習しやすい簡単かつ楽しいステップ
ダンス基本 クロスハンド
クロスハンド

ロックダンサーなら皆知ってるカッコイイ基礎技
ダンス シフト やり方 コツ
シフト

ロックダンスでよく見るフロア技にチャレンジだ!
ロックダンス曲
ロックダンス 曲

練習のモチベーションがグンと上がる音楽をご紹介

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。

ロックダンス基礎 クロスハンド(シャッフル) やり方・コツ

ロックダンス基礎「クロスハンド/シャッフル」やり方・コツ

ロックダンスでとても有名な基本技「クロスハンド」のやり方を動画で分かりやすく教えます。

シャッフルとも呼ばれていますが、シャッフルダンスとかぶってしまったり、他のジャンルにもシャッフルというステップがあることからも、このブログではクロスハンドという名前を用いています。

そんな豆知識もほどほどに、みなさんが1番知りたいのはクロスハンドの練習方法だと思いますので、

やり方を動画から学び、早速練習に取り掛かっていきましょう。

初心者向けたダンス講座となりますので、お家の中でじっくり練習してみてください。

クロスハンドも、前回のスキーターラビット講座と同じく、4カウントで一式の形になります。

手と足の動作が同時に入ってきますので、まずは足、そのあとに手を覚えるような段取りで練習してください。

ロックダンス の基本ステップは、ダンサーが共有している基礎テクニックです。名称と動きを覚えておくことで、役立つこともあるでしょう。

初心者は基礎から時間をかけること

クロスハンド は、ロックダンス初心者にとって、スキーターラビットよりもハードルは高いです。ですがカッコイイ動きですし、これを覚えておけば重宝します。パスせずクリアしておくことをオススメします。

基礎の練習はロックダンスに限らず、ストリートダンスすべてのジャンルで重要な意味を持ちます。基礎こそ地味な動きが多い中、ロックダンスはトゥエルやポイント、ノックなど爽快に練習できる技ばかりです。

初心者にはヒップホップを奨めることが多い僕ですが、ダウンとアップのリズムやアイソレーションなどの基礎トレーニングを終えた人はロックダンスも視野に入れてみてください。

クロスハンドのやり方は、まず手と足の動作を分けて考えます。動画の通り足から練習し、その後は手を練習します。個別に鳴らした後に全体で動くようにすると、ロックダンス初心者でも上手くいきます。

上手に見せるコツは、最初の1カウント目で手を巻く側に上半身を近づけることです。アイソレーションを知っている人が有利です。

この講座みたいに手と足を同時に動かす技って習得まで時間がかかりますが、基本ステップなので頑張りましょう!


独学で練習しているニーズから人気の動画

ロックダンス基礎 基本ステップ 振り付け動画一覧

ロックダンス基礎 リズムの取り方
基礎まとめ

基本のリズム・ロックステディ・キックウォーク
ロックダンス基礎 ノック ペイシング
ノック / ペイシング

初心者がまず覚える基礎テクニック おすすめ動画
ダンス ターン やり方 練習方法
キックターン

ロッキングのパフォーマンスで活かせる回転技
リオウォーク ロックステディ やり方
リオウォーク

国内では「ロックステディ」という名前でも有名
ウィッチウェイ やり方 ロックダンス
ウィッチウェイ

上手くできない苦手な人にコツをレッスンします
ロックダンス スクービードゥー やり方
スクービードゥ

ロックダンスの複合技 やり方・練習方法を紹介
dance17
スクーバー

簡単なのにかっこいいダイナミックで力強い足技
ダンス基本 スキーターラビット
スキーターラビット

初心者でも練習しやすい簡単かつ楽しいステップ
ダンス基本 クロスハンド
クロスハンド

ロックダンサーなら皆知ってるカッコイイ基礎技
ダンス シフト やり方 コツ
シフト

ロックダンスでよく見るフロア技にチャレンジだ!
ロックダンス曲
ロックダンス 曲

練習のモチベーションがグンと上がる音楽をご紹介

アクセスの多い記事・おすすめページ一覧

このブログで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップ 基本ステップ一覧 ダンス
ダンスの基本ステップ

ダンススクールでは滅多に教えてもらえないステップ含む30講座。やり方 練習方法
ダイエット ダンス エクササイズ 今すぐ痩せる おすすめ
ダイエット エクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ブレイクダンス やり方 踊り方 基礎 技 振り付け
ブレイクダンス 基礎 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。
ロックダンス やり方 踊り方 初心者 練習 基礎 振り付け
ロックダンス 基本ステップ

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
シャッフルダンス やり方 踊り方 基本 ステップ
シャッフルダンス 踊り方

基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。
ダンス 曲 音楽 おすすめ
ダンス練習に使える曲

ヒップホップ シャッフル ロックダンス ハウスダンス クランプ ブレイクダンス ポップダンスに対応。
簡単な創作ダンス振り付け 体育 初心者の参考になる見本 例 配置
創作ダンスの振り付け

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に40本。
バク転 やり方 練習 怖い できない コツ アクロバット
バク転 アクロバット講座

倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。