ダンススクールから若年層が消え 30代 40代が増加する?

ダンススクールから若年層が消え 30代 40代が増加する?

ダンススクール 主婦 30代 20代皆さんに聞いてみたいことがあるのですが、ダンススクールを利用する年代ってどの層が1番多いと思いますか?

ダンス教室といっても色々あります。社交ダンス、フラ、ベリーダンス、チアリーディングみたいなジャンルも含めれば限りなく多いですが、

今回はヒップホップ系、ストリート系のダンススクールに通う年齢層に絞って考えてみてください。

スポンサーサイト

ダンススクールの集客戦略を考えてみた

僕の想像では、ヒップホップダンス(を含めたストリートダンス)ならキッズから20代前半くらいまでの若年層が多く通っているイメージです。

逆に、30代、40代、主婦層は、スポーツクラブのスタジオレッスンやカルチャーセンターのような場所で習っているような想像が浮かびました。

そしてそれ以上に、興味はあるけどこの歳にヒップホップ始めるってどうなんだろう…という世間体を意識した判断で自粛している人が多そうな気もしました。

ストリートダンスといったら子どもたちの習い事や、若者の踊り といった世間的な位置付けがされています。実は僕の想像だけでなく、全国共通なんです。

これは皆さんでも「ダンススクール」で検索をして大手のウェブサイトを見て回れば統計が取れます。やはり子どもの習い事と若年層に向けたキャッチコピーが目立ちます。

ダンスで夢を叶えよう!とか、定番です。

僕はダンススクールを新規開校しようと準備しているインストラクターなのですが、もう若年層マーケティングの時代ではないんじゃないかな~?と感じているんですよ。

スマホで学ぶ習慣がある人ほど、現場に足を運ばない(お金を払ってまで習う気はない)傾向にあります。

世間(同業者)はまだ古い知識に頼ったような集客戦略を続けていますし、後からその地域に参入する者としては、埋もれている需要を掘り出していった方が幸先良いだろうなって。

ダンススクールだけでなく、趣味・娯楽ビジネスの集客方法(集客戦略)に関して、時期が時期なだけにそうとう煮詰めています。

30代 40代 主婦を歓迎するダンススクール

ダンス講師になったのは、踊る楽しさを人々に伝えていき地域交流を活性化させるためです。

笑顔が多い街は良い街だと思いますし、ダンスを踊ることでストレス解消や健康的な体型の維持、メンタルケアに繋がります。これらすべて笑顔に通じるものです。

だからヒップホップダンスのようなYo~Yo~♪な踊りでも、それをやりたい!習いたい!という意欲のある人なら世代を問わず受け入れたい。

全国的にも、ストリート系のかっこいいダンスは幼児・小学生・中学生~高校生・一般(大人)という区切りでクラスがありますが、この大人というアバウトな言い回しもやはり20代後半くらいまでが暗黙のルールっぽくなっている風潮を感じます。

30代とか40代くらいまでなら、周囲の視線を気にせず入会はできると思いますが、10代が中心のクラスに中年層がいると孤立するでしょう。するケースの方が多いと思うんですよね。

ダンススクールを開校するにあたり集客方法を考えていると、ちょっと世間とは逆の展開にメリットを感じ始めているんです。

第2の青春を楽しめるダンススクールにしてみたい

僕が個人で持っている屋号ですが、Ps(ピース)ダンススクールという教室をやっています。

ユーチューブにダンス動画をアップする趣味的な活動と、そこに横付けしたダンス練習着の通販サイトの構築をやっている期間は、ダンススクールを休校していました。

そこで感じたのが、若年層はネットでダンスを学んでいる事実です。10代の子たちにとって、ダンススクールに納める1回2000円前後のレッスン料は痛い出費です。

親に出してもらえるなら良いとして、自腹ならダンスを習うのも大変なことです。

それがユーチューブなら観るだけタダ。やり方を動画で学んで体育館やストリートで練習するという時代なんですよ。

お金を出してまでダンスを学ぼうとはしていない若年層。もちろんそうでない子も多いと思いますが、かつて比べれば需要が動いたなって。

逆にヒップホップダンスみたいなかっこいい踊りが流行した頃、10代を過ごしていた世代はもう30代くらいでしょう。当時そういう時間がなかった人に、もう1度青春を楽しんでもらうダンス教室にしてみたいなって。

キッズや10代の利用もできます。だけどウェブサイトでのキャッチコピーを30代~に向けた記述にするなど、マーケティング方法は見直すかも知れません。

30代、40代、主婦の皆さん。僕のダンス教室は要チェックですよ(笑)

土日のクラスは対象枠を広げます

最後に、勘違いのないようにもう一度書いておきますが、キッズ世代や若年層も根強いターゲット層です。土日のクラスなんかは、対象枠を広げてサークルっぽい雰囲気でレッスンしたいです。

僕の教室でも当たり前のように小学生から10代の利用者を受け入れていきます。

だけど30代~40代の利用者も同じだけ増えてくると思います。

ストリート系のダンスが好きなんだけど、良い歳して習っても良いものなのか。。。

こういう人たちに「一緒にやろうぜ!」って後押しできるダンススクールにしたいです。新しいことを始めるのにもう遅いってことはないと思いますよ。

50代を超えてくるとヒップホップみたいなスポーティーなダンスは推奨できない場合があるので門を通さないことはあるでしょうが、30~40代ならまだ体は動くでしょう。

むしろ、今始めなかったらもう次のチャンスは来ないと思う。そういう世代を応援したいので、Psダンススクールは第2の青春を楽しみたい30代、40代くらいでも恐縮感なく始められる環境を用意してみようかな。

結果的にすべての世代がバランス良く集まるんじゃないかなと推測しています。長年の勘です。

若い世代ばかり集まるクラスって、良いクラスにならないんですよね。学校のクラスと同じで2~3グループに分かれてしまいお互いを意識するようになるケースが多かったです。僕のクラスは10人を超えることが多いからかも知れませんが。

逆に幅広い世代が集まるクラスは、まとまるってわけでもないけど和気藹々としていてアットホームになるんですよ。

周りを気にせずダンスに打ち込める環境です。これは東京都台東区のダンススタジオでやっているレッスン会が良い例なので、時間があればリンク先を覗いてみてください。

ダンス講師によりますが、僕の場合だと50歳を超えている場合、スポーツクラブでヒップホップがあるところを探してくださいと回答しています。

それでも特別ダンススクールにこだわっている場合、経験者なら入会書を受理するケースもあります。

ストリートダンスの運動量からもすべての世代を開放はできませんが、ストリートダンスが流行っていた時にやり過ごしてきた人たちに、今からでも遅くないぜ!というメッセージを送りたいですね。

若い子たちには引き続き動画でのレッスンを届ける。現場では第2の青春世代をメインターゲットにし、気兼ねなくダンスと触れ合えるレッスン環境を用意する。

うん。出揃ってきたぞ。

ダンス教室に限らず、習い事の分野ではどこも状況は似ていますので参考になれば幸いです(^^) 

現場に人が集まらない時代になっていますが、工夫すればイケると思います。どれだけ良いレッスン、良い出会い、良い時間を提供していけるかでしょう。

ユーチューブに動画を出してからというもの、認知度が上がっているのかこういうブログにも多くのアクセスが集まり出しています。

不器っちょが書いているつたないブログですが、また気が向いたときに読みに来ていただければ嬉しいです。

ダンサーYU-SUKE

スポンサーサイト

このサイトで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップダンスの基本ステップ
ヒップホップ 基本ステップ52講座

見本と練習方法がセットになっていて初心者でも練習しやすい。やり方や上手く踊るためのコツが分かる。
ヒップホップダンス振り付け
ヒップホップ 振り付けレッスン

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けのカッコイイ振付までレベル別に50本。
ブレイクダンスの基礎 基本 技
ブレイクダンスの基礎 基本 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方からステップ・かっこいい振付までレッスン。
ロックダンスの基礎 基本ステップ 振り付け
ロックダンスの基礎 基本 技

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
ハウスダンスの基本ステップや振り付けレッスン
ハウスダンス 振付 ステップ大全集

技の名前や種類、やり方が学べる総合コンテンツ。初心者がまず練習すべき基礎や基本ステップが分かる。
ポップダンスの基礎 基本
ポップダンス基礎・基本の練習方法

初心者も動画で覚えられるヒットのやり方やウェーブのコツなど、ポッピンを始める人におすすめ。
シャッフルダンスの踊り方 基本ステップと振付
シャッフルダンスの踊り方

基本ステップから かっこいい振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる講座一覧。
初心者 簡単 ダンス
初心者のための簡単ダンスレッスン

簡単なレッスン動画が40講座。振り付け練習用、体育授業や文化祭など創作ダンスの見本として。
ダンスファッション B系 ヒップホップウェア
ダンスファッションの豆知識

お洒落なダンサーの服ブランドやヒップホップウェア、かっこいいストリートファッションのおすすめをピックアップ。
ダンスで踊れる音楽と曲
ダンスにおすすめの音楽と曲

ストリートダンス5大ジャンル、ヒップホップ・ブレイクダンス・ハウス・ポッピン・ロックダンスに対応。
dance658
ダイエット動画 自宅でエクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ロンダート バク転のやり方 できない時のコツ
バク転のやり方 アクロバット講座

倒立・側転・ロンダートのような初心者でも練習しやすい簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。
ダンススクール 東京 牛久
ダンサーYU-SUKE レッスン情報

YU-SUKE先生のレッスンが受けられる、初心者歓迎のダンススクール
ダンサーYU-SUKEブログ ダンス
ダンサーYU-SUKEのブログ

ダンス動画やダイエットエクササイズでおなじみ、ダンサーYU-SUKEの日記帳。

動画の先生はだぁれ?

ダンススクール ヒップホップ キッズ 教室

ダンサーYU-SUKE / 千葉県市川市出身。

行徳や新宿などを練習拠点に腕を磨く。東京(台東区/足立区)・千葉(柏/我孫子/印西)・茨城(つくば/牛久/守谷)でインストラクター業務。YouTubeではダンスを手軽に楽しめる大衆向けコンテンツを配信。

2017年2月12日(日)、動画ファンを対象にした第6回レッスン会が東京・上野駅徒歩5分のスタジオで行われる。ダンスの基本をしっかり学びたい人はこのチャンスをお見逃しなく。

姉妹サイトもおすすめです

ダンス 基本 基礎 振り付け

ヒップホップ シャッフル ブレイキン ハウスダンス ポッピン ロックダンスに対応。

基礎練習・基本ステップの習得・振り付け見本はまだあります。自分のためにも関心度の高いジャンルは抜かりなくチェックしておきましょう。


ダンススクールOPEN大詰め システムどうなる

ダンススクールOPEN大詰め システムどうなる

ダンススクール 東京 茨城 牛久ダンススクールを新規開校(もし茨城県南や千葉県柏市でもやる場合は再開)するとして、どんなクラスを作るか。

まず最初に伝えておきたいのが、このページに書かれた情報は2017.1/23現在のものであることです。そしてダンサーYU-SUKEのブログ カテゴリーにストックしてあります。

このカテゴリは「あーでもない、こーでもない」とぼやきながらも結論を出していくような場所です。そのため、ピースダンススクールにおける最新の情報は、初心者歓迎 Psダンススクールのウェブサイト からご確認ください。

あと知らなかった人が多いと思いますが、Psダンススクール講師のブログも存在しています。自己紹介がてら書いた日記帳ですが、ダンサーYU-SUKEというネット活動家の顔ではなく、スクール講師の立場で書いているためいつもと違いがあり楽しめるかも知れません。

スポンサーサイト

ダンサーYU-SUKEの動画マーケティングは有効か

ダンススクールはテナントを借りて1つ自分のスタジオを用意する運営方法にはしない予定です。

グーグルマップに登録できる等、きちんとした職場(住所の所有権)を持つ利点はありますがダンスという衣食住から少し距離のある娯楽ビジネスであることに加え、

これだけユーチューブにダンス動画を公開していてダンスの教え方やエクササイズの進め方を事前にチェックできるため、誰か分からないインストラクターのレッスンに飛び入り参加するよりも安心感はあるはずです。

スタジオを構えるとすれば法人成りを意識したときくらいで、ダンススクールは個人事業の範囲内でやりたい。それだけ僕にとってダンスの仕事はサブビジネスです。収入のメインはネット、現場の仕事はその横付けといった感じですが、その方が自分も楽しくやれますので。

以前と大きく違うのが、ダンサーYU-SUKEというネット名義の存在。動画マーケティングを試してみるのも面白いよなと感じているんです。

動画活動をする以前は、地域密着とも言えるくらい1つのエリアを決めてそこで活動していました。現在は幅広いエリアで存在を知られるようになりましたので、システムも見直す段階にあると思っています。

動画ファンと地域住民 両方に適したシステムを

さて、本題にいきます。

ダンススクールOPENが大詰めとなり、システムをどうするか検討を進めています。

動画ファンを対象にしたレッスン会を東京で開催していますが、おそらく彼ら(彼女ら)の大半は定期クラスだと参加はできないと思います。

東京で集まっていますが、それぞれ30分~2時間くらいかけて足を運んでくれています。平均して片道1時間くらいだと思うのですが、毎週だとさすがにきついでしょう。

定期クラスとレッスン会(1回やりきり)の中間に位置するようなシステムは組めないものか。現在、ここで頭の中が止まっているんです。

インストラクター人生の中で1番慣れているのは定期クラスです。これはどこのダンススクールでもやっている習い事としてポピュラーな形式で一般的なレッスンスケジュールです。

入会金に月謝制、こういうシステムはそこに住んでいる住民を対象にしたものですよね。僕も今まではこの方法でクラスを設けてきましたが、これでは動画マーケティングの効果は得られないでしょう。

レッスン会をやっていると、彼ら(彼女ら)の存在感は今までダンススクールで関わってきた生徒たちと違うことに気付かされています。

会った瞬間から、先生と生徒の関係が築けているような?実際にそうかは分かりませんが、そんな感覚はあります。

利用者からすれば、いつもは動画というスクリーンの中にいるダンス講師なので、直接レッスンを受けることに充実感があるのかも知れません。

普通なら「〇〇市 ダンススクール」みたいなキーワードで検索して最寄りのダンス教室を見つけると思います。僕がダンスを習うとしたら、そんな方法でスクールを見つけると思います。

こういう一般的な場合だと、近いからという理由でそこに通うため、お互いの関係性には当たりハズレが出て当然ですよね。まぁ習い事によくある話です。

自分の立場は受け身なので、仕方ないと思う以外にないだろうと思っていたんですよ。それが動画のおかげでハズレ部分を削減できている。これはお互いにとってプラスを得られやすいのだから素晴らしいことです。

利用者は足を運ぶ前から多くの情報を得られています。

そこで「何となく好きになれない」「こういう先生は好きじゃない」と感じた場合、動画のみならず ましてやレッスンを受けることなんて考えませんよね。

レッスン会を楽しめているのは、視聴者のおかげだと思っています。彼ら(彼女ら)とはすごく付き合いやすいです。ユーチューブ動画はダンススクールのマーケティングにも活用できそうです。

定期クラス=近くの人が利用するクラス。
単発クラス=上記に加え、少し離れている人でも参加しやすいクラス。

そう考えると、単発クラスにメリットありと思いがちですが、参加者が同じ顔ぶれの定期クラスの方がレッスンの質は上です。指導環境としては、毎回同じ顔ぶれがそろう定期クラスに分があります。

ジャンルは固定か変動か

あともう1つ、クラス設定に関しては検討材料があります。

東京のようにダンススクールの数が充実しているエリアでは、ジャンルを固定した方が幸先良いはずです。

逆に茨城県南や以前に教室をやっていた千葉県柏市のようなエリアだと、複数のジャンルを1つのクラスで扱っていくのもありです。

人口に限りがある地域であるほど、ジャンルを絞ると需要がなかったりするんですよ。今回は東京・千葉・茨城というエリアがダンススクール開校(千葉・茨城の場合は復活)の候補となっているため、クラスのあり方も取り決めが繊細です。

ある程度は絞った方が良いと感じていますので、系統が近いジャンル2~3を扱うスタンスで落ち着くのではないかと予想していますが、

もっと集客しやすいシステムないのかな~?と思っていて、もう少し煮詰めれば良い案が出そうな気がしてなりません。

例えば、極端な話をしますが入会金をゼロにします。入口を広くし、さらに月謝以外に有効期限の長いチケット制も導入します。そして扱うジャンルも限りなく広げます。

とにかく広げまくります(笑)

そして1~2ヵ月の周期ごとにジャンルをローテーション。ジャンルの隔たりなくダンスが好きなら月謝制、特定のジャンルだけ習いたいならチケット制を選んでもらうシステム。

斬新さの中に、使い勝手の良さがあるでしょ。

1つのクラス 利用者はいろいろ。

そのいろいろに出来るだけ対応するシステムはこんな感じなんですよね。

入会金をゼロにする理由は、また記事を書く時間があるときに説明します。今回はすでに長文なため、そろそろ話を締めましょう。

ダンススクールをまたやりたいと思わせてくれたのはレッスン会に参加してくれた人たち。言い換えれば、ダンスを通じて良い出会いを増やしたいと思ったから教室のオープンに前向きなんだと思います。

集客に意識が向き過ぎても良くない結果を生むでしょう。それが過去の失敗でもありました。誰でも良いわけではなく、やはり自分を受け入れてくれる協力的な相手じゃないと、どこかで運営が重たくなるはずです。

動画マーケティングをダンススクール運営のプラスにしていくノウハウを学ぶ良い機会です。今までこんなこと考えたこともなかったですから。

先ほども書いた「〇〇市 ダンススクール」でヒットさせるようページを作成して作業を終えていたころの自分が未熟に感じます。

実際に利用してもらう前に、窓口となる場所でたくさん自己紹介しておいた方がお互いのムダを減らせると考えるようになりました。

ダンススクールも以前とは違いサブビジネス化を図りましたし、生徒数にこだわらず付き合いの質を高められるよう努めます。教室を始める前にレッスン会をやって本当に良かったです。

ダンススクールOPENに向けて大詰め。

ダンスの楽しさを伝えることを遣り甲斐にしている仕事なので、システムもそれに沿って決定させます。

茨城県牛久市でダンススクールが再開される見通しがあることを伝えましたが、東京と茨城でシステムは変わると思います。

地域の特徴までも視野に設定を検討しているためです。また決まり次第、情報を出しますね!

ダンサーYU-SUKE

スポンサーサイト

このサイトで学べること(カテゴリー案内)

ヒップホップダンスの基本ステップ
ヒップホップ 基本ステップ52講座

見本と練習方法がセットになっていて初心者でも練習しやすい。やり方や上手く踊るためのコツが分かる。
ヒップホップダンス振り付け
ヒップホップ 振り付けレッスン

初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けのカッコイイ振付までレベル別に50本。
ブレイクダンスの基礎 基本 技
ブレイクダンスの基礎 基本 技

初心者も動画でしっかり学べる。チェアーやウインドミルのやり方からステップ・かっこいい振付までレッスン。
ロックダンスの基礎 基本ステップ 振り付け
ロックダンスの基礎 基本 技

初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。
ハウスダンスの基本ステップや振り付けレッスン
ハウスダンス 振付 ステップ大全集

技の名前や種類、やり方が学べる総合コンテンツ。初心者がまず練習すべき基礎や基本ステップが分かる。
ポップダンスの基礎 基本
ポップダンス基礎・基本の練習方法

初心者も動画で覚えられるヒットのやり方やウェーブのコツなど、ポッピンを始める人におすすめ。
シャッフルダンスの踊り方 基本ステップと振付
シャッフルダンスの踊り方

基本ステップから かっこいい振り付けまで動画でレッスン。カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる講座一覧。
初心者 簡単 ダンス
初心者のための簡単ダンスレッスン

簡単なレッスン動画が40講座。振り付け練習用、体育授業や文化祭など創作ダンスの見本として。
ダンスファッション B系 ヒップホップウェア
ダンスファッションの豆知識

お洒落なダンサーの服ブランドやヒップホップウェア、かっこいいストリートファッションのおすすめをピックアップ。
ダンスで踊れる音楽と曲
ダンスにおすすめの音楽と曲

ストリートダンス5大ジャンル、ヒップホップ・ブレイクダンス・ハウス・ポッピン・ロックダンスに対応。
dance658
ダイエット動画 自宅でエクササイズ

ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。
ロンダート バク転のやり方 できない時のコツ
バク転のやり方 アクロバット講座

倒立・側転・ロンダートのような初心者でも練習しやすい簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。
ダンススクール 東京 牛久
ダンサーYU-SUKE レッスン情報

YU-SUKE先生のレッスンが受けられる、初心者歓迎のダンススクール
ダンサーYU-SUKEブログ ダンス
ダンサーYU-SUKEのブログ

ダンス動画やダイエットエクササイズでおなじみ、ダンサーYU-SUKEの日記帳。

動画の先生はだぁれ?

ダンススクール ヒップホップ キッズ 教室

ダンサーYU-SUKE / 千葉県市川市出身。

行徳や新宿などを練習拠点に腕を磨く。東京(台東区/足立区)・千葉(柏/我孫子/印西)・茨城(つくば/牛久/守谷)でインストラクター業務。YouTubeではダンスを手軽に楽しめる大衆向けコンテンツを配信。

2017年2月12日(日)、動画ファンを対象にした第6回レッスン会が東京・上野駅徒歩5分のスタジオで行われる。ダンスの基本をしっかり学びたい人はこのチャンスをお見逃しなく。

姉妹サイトもおすすめです

ダンス 基本 基礎 振り付け

ヒップホップ シャッフル ブレイキン ハウスダンス ポッピン ロックダンスに対応。

基礎練習・基本ステップの習得・振り付け見本はまだあります。自分のためにも関心度の高いジャンルは抜かりなくチェックしておきましょう。